FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析
  1. Top » 
  2. スポンサー広告 » 
  3. 日本GP印象記(追記あり)
  4. F1GP » 
  5. 日本GP印象記(追記あり)
SaveJapan 私たちにできること
Saveapan300

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Janre:

日本GP印象記(追記あり)

    1. F1GP
  • 2008 10/12 (Sun)

決勝スタート前に、こんなレース結果になるとは誰も予想できなかったにちがいない。

PPを獲得していたハミルトンは、まさかの12位でノーポイント。
一方、タイトルを争うマッサは、8位入賞で1ポイントをなんとか持ち帰り、ハミルトンとのさを6ポイントとした。


レースは、スタートから波乱含み。
シグナルがブラックアウトすると、ライコネンのスタートが良く、ハミルトンの前に出る。
ハミルトンからすれば、最もさけたい展開だった。
ここでハミルトンは、強引にライコネンのインに入ると白煙を上げてブレーキング。しかし、すでにオーバースピードはいかんともしがたく、ライコネンをコースに押しやりながら、自らもコーナーをはみ出し順位を下げてしまう。
1周目して、最初にグランドスタンド前に帰ってきたのはBMWザウバーのクビカ!。


2周目にも波乱は起こった。

マッサが先行し、ハミルトンが追う展開の中、最終セクション最初のコーナーでマッサがブレーキングが遅れたかわずかにふくらむ。
これをハミルトンが見逃さずにインを差して先行したのだが、マッサは、次の左コーナーでコーナーイン側を走るハミルトンのさらにインを強引につき、マッサの右フロントとハミルトンの左リアが接触。ハミルトンはスピンを喫して、最後尾に落ちてしまった。


タイトルを争うハミルトン、マッサの両ドライバーに、共にドライブスルーペナルティが課された。
ハミルトンは、スタート時のライコネンへの走り、そしてマッサにはハミルトンとの接触が理由だろう。

こういう荒れた展開で、さすがの走りを見せたのがルノーのアロンソ。
ルノーのマシンが戦闘力を得たこともあるだろうが、さすがはダブルチャンピオン。首位に出てからは危なげなくチェッカーを受けた。


後半のレースを盛り上げたのはクビカVSライコネンの2位争い。
富士スピードウェイ特有のストレートでスリップに入ると、アウトから仕掛けるライコネンを何とか抑えるクビカの攻防。
ぎりぎりのバトルながらクリーンな戦いは、ファンが最も見たかったもの。
結局は、クビカがしのぎきって2位獲得。ライコネンは3位で貴重なコンストラクターズポイントを得て、フェラーリはマクラーレンを逆転することに成功した。


ドライコンディションに恵まれ他今年の日本GPは、バトルもあって見応えのあるものだったと思う。
そして、ある意味で今年のシーズンを象徴するようなレースでもあった。

ドライバーズタイトルを争う、ハミルトン、マッサとも速いのは間違いない。
しかし、互いにミスが出てしまう。互いのミスがタイトル争いの伯仲を招いているというのはなんとも皮肉なものである。
逆に言えば、お互いに決め手が無く、予想がつかないシーズン。順当に行けば結果は予想できるが、レースはやってみないと分からない。
その最大の分からない理由が、タイトル争いのドライバー、チーム双方にミスが出るからだとは・・・・・


残るは2戦。
6ポイントリードのハミルトンは今回のレースの結果にかかわらず、より優位に立っている。
それでも何があるか分からない。
マッサは母国でのチャンピオン獲得を目指して、何でもするだろう。
それは、今回の日本GPでのマッサの追い上げる走りが感じさせてくれる。


オフィシャル F1 プログラム 2008 日本GP

 

人気ブログランキング  FC2 Blog Ranking参加中

 
 
 


追記
レース後、6位でフィニッシュしていたブルデーに25秒加算のペナルティーが課されました。
これは、ブルデーがピットアウトした際に、1コーナーでマッサと接触したことに対してのもの。
確かにあの場面では、ブルデーに非があるかなとも思いましたが、ちょっとかわいそうかな。
マッサとブルデーは同一順位で争っていたのですから、何とか抑えようとするのも当然。あれで接触が無ければ、よく踏ん張って抑えた、と評されても不思議では無い場面でした。相手がタイトルを争っているマッサだったことが不運だったか?
これにより、マッサは7位に繰り上がり、ハミルトンのリードは5ポイントに減り、コンストラクターズでは、フェラーリのリードが7ポイントに広がりました

それにしても、レース後のペナルティはなんだか釈然としない部分もあります。モット速やかな決定はできないものでしょうかね・・・・

 

スポンサーサイト

Comment

誰も勝ちきれてない

まだむさん、こんばんは
>冷静なミューミだったら、アロンソ君だったらこんなミスしないよね。アロンソ君の貫禄勝ちだわ。
今年のトータルポイント、、少ないよね、、、。誰も勝ちきれてない感じ、、。

まさにその通りですね。
気がつくと、クビサがハミルトンに7ポイント差に迫っているんですね。
この調子でマッサ、ハミルトンがバタバタしていると、クビサの逆転チャンピオンということもあり得る展開に・・・・
そうなると、83年のロズベルグ以来の1勝チャンピオンということも?
ちょっと楽しみだったりします

  • cabin85 [#sQmTjxAk] |
  • URL |
  • 2008 10/15 (Wed) 20:34
  • Edit

( ^-^)ノ(* ^-^)ノこんばんわぁ♪

週末はテレビに釘付け,金曜からのレースを見てました。
しかし,,アロンソ君、,素晴らしい!流石だわ。

マッサ君にハミルトン!何やっているんだか??
ま、、ハミルトンがノーポイントとなって、混戦がますます面白くなったけど。
熱くなり過ぎっ!2位でも十分のアドバンテージなのにね。
冷静なミューミだったら、アロンソ君だったらこんなミスしないよね。アロンソ君の貫禄勝ちだわ。
今年のトータルポイント、、少ないよね、、、。誰も勝ちきれてない感じ、、。
スチュワートですが、、何故か>フェラーリ寄り??考え過ぎ??

  • まだむ [#-] |
  • URL |
  • 2008 10/14 (Tue) 20:50
hiropy69 さん

シンガポール、日本と、チャンピオン候補がドタバタすればするほど、アロンソの株があがっていきますねぇ(笑)
「今年は該当者無し」私も賛同します

次の中国では何があるんでしょうか。
去年は、ハミルトンがピット入り口でクラッシュしでかしてましたが・・

  • cabin85 [#sQmTjxAk] |
  • URL |
  • 2008 10/13 (Mon) 22:26
  • Edit
いーぐるぱぱ さん

チャンピオンを争う二人がドタバタしているだけに、余計にアロンソのすごさが浮かび上がってきますね。
今年は、WC該当者無し・・!?
私もどうかんです(笑)

少なくとも、今年の混戦が、レベルの高いものとは思えないのは事実です

  • cabin85 [#sQmTjxAk] |
  • URL |
  • 2008 10/13 (Mon) 22:22
  • Edit
ケン高倉さん

ハミルトンの最大の欠点は経験の無さ、といったのはイギリスの元チャンピオンだった思いますが、まさにその通りの展開ですね。
完全に判断ミスでしょう。あの時点でライコネンが逃げてくれたから四方けれど、あそこでレースが終わっていても不思議ではありません。
ハミルトンの場合、最悪は無得点ですから、あそこまで無理する必要は絶対無いんですが。。。

  • cabin85 [#sQmTjxAk] |
  • URL |
  • 2008 10/13 (Mon) 22:19
  • Edit
Re:日本GP印象記

ライコネンの先行に慌てて
とりあえずその場しのぎに頭を突っ込んだハミルトン。
あの1コーナーへの冷静さに欠けるアタックを見ていると、
残りの2レース、去年のような大失態もありえるのではないかという気がしてきました(^^)

いーぐるぱぱさんのおっしゃるとおり!
「今年はWC該当者なし!」と言いたいところですね!

  • hiropy69 [#zP91IsDc] |
  • URL |
  • 2008 10/13 (Mon) 11:10
  • Edit
すごいレースでした

去年とは違った意味ですごいレースでしたねぇ。
アロンソ大絶賛ですよ。ここにきてルノー復活か?
それにしても最後の今宮さんの怒り、というか、「上位勢がふがいないレースを後半繰り返し、今年はWC該当者なし!といいたい」
うーん・・・

  • いーぐるぱぱ [#-] |
  • URL |
  • 2008 10/13 (Mon) 07:04
大波乱!!

まさかの波乱の一コーナーの攻防でした。
一寸と言うか相当に若さの出た突っ込みでした。
ハミルトン君あの一コーナーをなめているようですね。
ハミルトンには6ポイントのマージンがあるようですが、これは先が読めなくなってきたように感じます。
昨年の事もありますので、心してかからないと掴み損なう可能性も大いにありますね。

                   ~ケン~

  • ケン高倉 [#mQop/nM.] |
  • URL |
  • 2008 10/12 (Sun) 23:46
  • Edit
コメントフォーム
このエントリへコメントを書く
(任意)
(任意)
(任意)
(必須) HTMLタグは使用できません
(任意) ID生成と編集に使用します
(任意) 非公開コメントにする

Page Top

Trackback

Trackback URI
http://allforwin.blog45.fc2.com/tb.php/38-e3477485 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)
F1 第16戦 日本GP

優勝 フェルナンド・アロンソ(ルノー) 2位 ロバート・クビサ(BMWザウバー) 3位 キミ・ライコネン(フェラーリ)

F1 日本GP決勝結果

この写真の後、ハミルトンの強引さがレースを面白くした! しかし、ハミルトンのドライビングはなんとかならないのか、荒っぽすぎるぞ。 荒れたレース、さすがにアロンソ! 貫禄勝ちのようだった

荒れた日本GPは実力者のアロンソが制する

荒れた日本GP決勝。終始安定した走りをみせたアロンソがシンガポールに続いて連勝し

【F12008】ハミルトンが波乱を演出、アロンソが混乱を制して2連勝

スタートで後手を踏んだハミルトン選手の荒いドライビングから日本GPは始まりました。最初の1コーナーで間に合わないブレーキングでライコネン選手を押し出し、追い上げを開始する中、マッサ選手を強引に追い越した後、逆にマッサ選手にインをつかれてスピン、ハミルト...

ペナルティ連発の日本GP決勝!

キミ・ライコネンの絶好のスタートで幕を開けた日本GP。ライコネンの先行に慌てたポールポジションのハミルトンが強引にインに入り込むものの停まりきれず、ライコネンを押し出すカタチとなり自分もオーバーラン。後続も混乱するという波乱のオープニングラップとなります...

日本GP決勝!!

では早速結果から・・・ 1位 F.アロンソ(ルノー) 2位 R.クビカ(BMWザウバー) 3位 K.ライコネン(フェラーリ) 4位 N.ピケJr.(ルノー) 5...

【F1】日本GP☆富士の裾野にエンジン音轟く

今年は天気に恵まれました、日本GP! スタートしてすぐ、 キミがハミルトンを交わした!! うおおおーと思ったら、ハミルトンが追い上げ...

Page Top

★注目!★
カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
プロフィール

cabin85

Author:cabin85
F1を中心にモータースポーツの話題をいろいろ書きます

カウンター

(Since2008.0929)

最近のコメント
最近のトラックバック
QRコード
QR
BLOGランキング
FC2BLOGRanking 
ブログランキング・にほんブログ村へ 
RSSフィード
All for WIN ! 本館
 All for WIN ! 本館へ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

PR
グーバーウォーク
ブログ内検索
リンク

このブログをリンクに追加する

Google検索
いま何時

by ブログの時計屋さん
All for WIN !掲示板
ユーザータグ

F1 日本GP 佐藤琢磨 F1 フェラーリ シンガポールGP セバスチャン・ベッテル ルノー ラリージャパン WRC 鈴鹿サーキット トロ・ロッソ WTCC ブラウンGP ハミルトン 富士スピードウェイ オーストラリアGP 世界ラリー選手権 ブラジルGP ストーブリーグ セバスチャン・ローブ マカオGP WRC IRL 2009 アクシデント ヘレス・テスト 松田次生 Formula 中嶋一貴 フォーミュラ・ニッポン 小倉直人 須藤郡宏 白鵬 "MAKE CARS シューマッハ FIA ユネスコ・スポーツ・チャンピオン F3 カナダGP NIPPON ベッテル 哀川翔 GREEN" ラリー・ジャパン 全日本F3 バン・ダム TOM’S トムス イタリアGP インディカー トミカ 日本の名レース100戦 アロンソ ライコネン 武藤英紀 シンガポール コマツ 対人地雷除去機 イタリアGP 青木孝行 LOLA ローラ 松浦孝亮 インディ・ジャパン 宇宙旅行 スーパー耐久 十勝24時間 失格 マクラーレン デビッド・ライアン 中国GP ヴァージン シューマッハー 小林可夢偉 F1ルノー ザウバー スカルプD ロバート・クビサ メルセデスGP Canon フォーミュラニッポン ルカ・バドエル ヨーロッパGP カシオ トゥルーリ ホンダF1 フランソワ・デュバル 札幌ドーム パトリック・ピバト チャンピオン フェリペ・マッサ ハンコック 世界ツーリングカー選手権 エコドライブ タイヤ 中国GP クラッシュ バリチェロ 国本京佑 マクラーレンMP4/24 トヨタTF109 全日本F3 ロス・ブラウン F60 撤退 バルセロナ テスト モトGP カワサキ ブリヂストン 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。