FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析
  1. Top » 
  2. スポンサー広告 » 
  3. 全日本F3チャンピオンは、カルロ・バン・ダ
  4. F3 » 
  5. 全日本F3チャンピオンは、カルロ・バン・ダ
SaveJapan 私たちにできること
Saveapan300

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Janre:

全日本F3チャンピオンは、カルロ・バン・ダ

    1. F3
  • 2008 09/10 (Wed)
2008年全日本F3選手権は、8月30日に行われた第15戦で、TOM'Sのカルロ・バン・ダムがシーズン7勝目をあげ、チャンピオンを獲得しました。

バン・ダムのチャンピオンは素晴らしいものだと思いますが、今シーズンの全体の成績を振り返ると、なんだか釈然としないものもあります。
F3カテゴリーは、ドライバーがステップアップしていく過程であり、イコールコンディションでドライバーの力を見るはずなのに、あまりにもチーム間の力の差がありすぎることです。
というよりも、TOM'Sチームの力がぬきんですぎています。
8月31日の第16戦終了時で、PP獲得は、バン・ダム8回、井口卓人4回、国本京佑2回とTOM’S勢が16戦中14回も獲得、残りの2回はThreeBondの安田裕信が獲得していますが、これは鈴鹿での第5/6戦のもので、レインコンディションでのもの。通常のコンディションであればTOM’S最速は疑いようもありません。

決勝レースでも同様で、バン・ダムの7勝を筆頭に、井口卓人3勝、国本京佑3勝とTOM’S勢の勝利は13にも及びます。
TOM’S勢以外の勝利は、安田裕信2勝(鈴鹿、もてぎ)と、リアルの山本尚貴が1勝(岡山)のみ。
しかもいずれも、レインであったり、トムス勢同士が争いあう中でのアクシデントで後退したりしたときのみの勝利となっています。

TOM’Sはすでに、13戦終了時には、チームタイトルと、エンジンチューナータイトルも決めていたため、今年のF3はトムスが制圧したことになります。
さらに言えば、今年から新設されたナショナルクラスも、TOM'S SPIRITの山内英輝がチャンピオンを獲得していますので、まさに完全制覇です。

確かに、TOM’SはマカオGPなどでも世界最高のF3チームとも言われます。
しかし、F3のようなカテゴリーがチームの力でチャンピオンが決まってしまうのは決して良いことではないと思います。

来シーズンは、他のチーム、特にホンダ勢の奮起を期待したいですね。
(メーカー競争という意味合いではありませんが・・・)

スポンサーサイト

Comment

コメントフォーム
このエントリへコメントを書く
(任意)
(任意)
(任意)
(必須) HTMLタグは使用できません
(任意) ID生成と編集に使用します
(任意) 非公開コメントにする

Page Top

Trackback

Trackback URI
http://allforwin.blog45.fc2.com/tb.php/14-4bedccfb この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)

Page Top

★注目!★
カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
プロフィール

cabin85

Author:cabin85
F1を中心にモータースポーツの話題をいろいろ書きます

カウンター

(Since2008.0929)

最近のコメント
最近のトラックバック
QRコード
QR
BLOGランキング
FC2BLOGRanking 
ブログランキング・にほんブログ村へ 
RSSフィード
All for WIN ! 本館
 All for WIN ! 本館へ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

PR
グーバーウォーク
ブログ内検索
リンク

このブログをリンクに追加する

Google検索
いま何時

by ブログの時計屋さん
All for WIN !掲示板
ユーザータグ

F1 日本GP 佐藤琢磨 F1 フェラーリ シンガポールGP セバスチャン・ベッテル ルノー ラリージャパン WRC 鈴鹿サーキット トロ・ロッソ WTCC ブラウンGP ハミルトン 富士スピードウェイ オーストラリアGP 世界ラリー選手権 ブラジルGP ストーブリーグ セバスチャン・ローブ マカオGP WRC IRL 2009 アクシデント ヘレス・テスト 松田次生 Formula 中嶋一貴 フォーミュラ・ニッポン 小倉直人 須藤郡宏 白鵬 "MAKE CARS シューマッハ FIA ユネスコ・スポーツ・チャンピオン F3 カナダGP NIPPON ベッテル 哀川翔 GREEN" ラリー・ジャパン 全日本F3 バン・ダム TOM’S トムス イタリアGP インディカー トミカ 日本の名レース100戦 アロンソ ライコネン 武藤英紀 シンガポール コマツ 対人地雷除去機 イタリアGP 青木孝行 LOLA ローラ 松浦孝亮 インディ・ジャパン 宇宙旅行 スーパー耐久 十勝24時間 失格 マクラーレン デビッド・ライアン 中国GP ヴァージン シューマッハー 小林可夢偉 F1ルノー ザウバー スカルプD ロバート・クビサ メルセデスGP Canon フォーミュラニッポン ルカ・バドエル ヨーロッパGP カシオ トゥルーリ ホンダF1 フランソワ・デュバル 札幌ドーム パトリック・ピバト チャンピオン フェリペ・マッサ ハンコック 世界ツーリングカー選手権 エコドライブ タイヤ 中国GP クラッシュ バリチェロ 国本京佑 マクラーレンMP4/24 トヨタTF109 全日本F3 ロス・ブラウン F60 撤退 バルセロナ テスト モトGP カワサキ ブリヂストン 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。