1. 無料アクセス解析
  1. Top » 
  2. 2009年03月
SaveJapan 私たちにできること
Saveapan300

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Janre:

オーストラリアGP 印象記

    1. F1GP
  • 2009 03/30 (Mon)

2009年F1開幕戦オーストラリアGPは、ジェンソン・バトンがPPから逃げ切り自身2度目、チーム初の優勝を飾りました。
バトンを脅かすライバルはなく、レッドブルのベッテルがその影を追いかけたものの、終盤アクシデントからリタイアとなり、2位にはバリチェロが入る幸運ぶりでした。

ブラウンGPの速さはもはや疑いようもなく、マクラーレンの出遅れも疑いようのない現実として見えてきました。
フェラーリも速さが見られないなど、序盤数戦はブラウンGPを軸に、トヨタ、ウイリアムズのディフューザー疑惑3チームにBMW、レッドブルが追いかけるという展開になっていくんでしょうか。

今回のレースは、荒れるオーストラリアの伝統にのっとり、各種でバトル、接触も多く見られました。
終盤の2位争いでは、2位を走っていたレッドブルのベッテルに、BMWのクビサがしかけましたが、ベッテルが譲らず、というか、無理に抑えようとして接触、両者リタイアという苦い結果に終わりました。

クビサにあそこまで入られたら、ベッテルの頑張りすぎたと思いますが、それでも譲れなかった気持もわかります。ベッテルの若さが出てしまった・・というところでしょうか。
でも、ベッテル、クビサの二人が、バトンに続く2,3位に続いていたという現実は、今年の勢力図の変化と、近い将来のチャンピオン争いを行うであろう姿が見えた気がします。

レース後、ベッテルに対しては、次戦での10グリッド降格ペナルティが課せられました。
確かに非はベッテルにあるとは思うんですが、ちょっとかわいそうな気もします・・・・。右の画像はプレスフォト(R.クビカ 2007年)

一方で、中嶋一貴は序盤に4位を走行しながら単独スピン&クラッシュ。うーん、もったいないというよりも、こんなレースをしていては・・・・・。同様にルノーのピケJrもセーフティカーからの再スタートで、スピン、リタイア。こんなことやっていると、評価はどんどん下がっていってしまいますよね・・・

 

トヨタは、うれしくも残念なレースに終わりました。
予選でのタイム抹消に続いて、決勝でもトゥルーリにペナルティが!3位表彰台を獲得したと思っていたところ、、イエロー区間でハミルトンを追い抜いたとして、ペナルティを課せられたもの。これも、ハミルトンがスローダウンしたために、やむを得ず抜いたとトゥルーリはしていますし、その事実をハミルトンも認めているようなので、気の毒・・・。でも、結果が覆る可能性は非常に低い。
それでも、再開スタートから3位まで這い上がる速さが間違いなく備わっているのは間違いなさそうです。そういうマシンでなければ、優勝は見えてきません。トヨタ念願の優勝も現実味を帯びてきていることが実感できます。


 

アマルガム1/8スケール スクーデリア トロロッソ STR2 No.19/2007 セバスチャン・ベッテル  


1/8スケールの大迫力モデルカー。
今や禁止された複雑な空力負荷物が独特の迫力をかもします。

高価なのでさすがに個人では購入できないでしょうが、お店などのインテリアに最高!かも(笑)

スポンサーサイト

ティレル以来39年ぶりの新チームPP

    1. F1GP
  • 2009 03/29 (Sun)

J.バトン プレスフォト20072009年開幕戦オーストラリアGPの予選は、今回がデビュー戦となるブラウンGPの1-2位という、衝撃の、そしてある意味では予想されていた結果となりました。

ブラウンGPは周知の通り昨年末に撤退したホンダF1チームを引き継いでいますが、形式上は新チーム扱いとされていて、カーナンバーも22.23が割り振られています。
新チームがデビュー戦でPP獲得というのは、1970年のティレル以来39年ぶりのこととなるそうです。
ホンダF1の前身のBARはティレルを買収して誕生した経緯がありますから、不思議な縁を感じます。

予選6位グロックと8位トゥルーリに入っていたトヨタの2台は、予選終了後に、リアウイングがレギュレーション違反(フレキシブルウイング)として、タイムを抹消され、19位20位という公式結果となっています。

また、予選Q2でタイムを記録しなかったため予選15位となっていたマクラーレンのハミルトンはギアボックス交換のために5グリッド降格となりましたが、トヨタのタイム抹消のため、18位からのスタートとなります。

2009年オーストラリアGP スターティンググリッドは以下の通りです(たぶん・・・)

 

No

ドライバー チーム Time Lap
1 22 ジェンソン・バトン ブラウン・メルセデス 1'26.202 19
2 23 ルーベンス・バリチェロ ブラウン・メルセデス 1'26.505 21
3 15 セバスチャン・ベッテル RBRルノー 1'26.830 21
4 5 ロバート・クビサ BMWザウバー 1'26.914 19
5 16 ニコ・ロズベルグ ウィリアムズ・トヨタ 1'26.973 21
6 3 フェリペ・マッサ フェラーリ 1'27.033 21
7 4 キミ・ライコネン フェラーリ 1'27.163 21
8 14 マーク・ウェーバー RBRルノー 1'27.246 20
9 6 ニック・ハイドフェルド BMWザウバー 1'25.504 14
10 7 フェルナンド・アロンソ ルノー 1'25.605 12
11 17 中嶋一貴 ウィリアムズ・トヨタ 1'25.607 16
12 2 ヘイッキ・コバライネン マクラーレン・メルセデス 1'25.726 15
14 12 セバスチャン・ブエミ STRフェラーリ 1'26.503 10
15 8 ネルソン・ピケJr. ルノー 1'26.598 12
16 21 ジャンカルロ・フィジケラ フォース・インディア・メルセデス 1'26.677 10
17 20 エイドリアン・スーティル フォースインディア・メルセデス 1'26.742 9
18 11 セバスチャン・ブルデー STRフェラーリ 1'26.964 10
13 1 ルイス・ハミルトン マクラーレン・メルセデス 1'26.454 5
19 9 ヤルノ・トゥルーリ トヨタ 0'00.000 0
20 10 ティモ・グロック トヨタ 0'00.000
(上の画像は、J.バトン ドライバーズカード・ホンダ レーシング F1チーム ドライバーズカード 2007:税込 1,260 円)

オーストラリアGP開幕。初日トップはN.ロズベルグ

    1. F1GP
  • 2009 03/28 (Sat)

N.ロズベルグ 2009年Formula1シリーズが開幕しました。

空力の規定が大きく変更され、スリックタイヤが復活するなど、大きな規約変更がなされた今シーズンは、予測のつかないシーズンといわれていますが、初日のフリー走行は、まさに意外性のある結果となりました。

フリー走行1回目、2回目ともウイリアムズのロズベルグがトップタイムを記録。
一方、昨年のチャンピオン・ハミルトンは1回目16位、2回目18位と予想以上に下位のタイムに甘んじています。
まぁ、フリー走行なのでどこまでタイムを評価するかは別として、勢力図が昨年から変化したのは間違いなさそうです。

 

 

P No. Driver Car Best-Lap Lap
1 16 N.ロズベルグ Williams Toyota 1:26.053 36
2 23 R.バリチェロ Brawn Grand Prix Mercedes 1:26.157 38
3 9 J.トゥルーリ Toyota 1:26.350 42
4 14 M.ウェバー Red Bull Renault 1:26.370 30
5 22 J.バトン Brawn Grand Prix Mercedes 1:26.374 38
6 10 T.グロック Toyota 1:26.443 42
7 17 中嶋 一貴 Williams Toyota 1:26.560 33
8 15 S.ベッテル Red Bull Renault 1:26.740 19
9 20 A.スーティル Force India Mercedes 1:27.040 29
10 3 F.マッサ Ferrari 1:27.064 35
11 4 K.ライコネン Ferrari 1:27.204 32
12 7 F.アロンソ Renault 1:27.232 28
13 21 G.フィジケラ Force India Mercedes 1:27.282 32
14 6 N.ハイドフェルド BMW Sauber 1:27.317 34
15 5 R.クビサ BMW Sauber 1:27.398 36
16 11 S.ブルデ Toro Rosso Ferrari 1:27.479 36
17 2 H.コバライネン McLaren Mercedes 1:27.802 35
18 1 L.ハミルトン McLaren Mercedes 1:27.813 31
19 8 N.アンジェロ・ピケ Renault 1:27.828 35
20 12 S.ブエミ Toro Rosso Ferrari 1:28.076 33

注目は、ウイリアムズ、トヨタ、ブラウンの3チームがタイムシートの上位を独占していること。
この3チームは、ともにディフューザーに対して他チームからクレームが出ているチームです。レギュレーションを拡大解釈したといわれているますが、その効果は大きいようです。

明日の予選、決勝を通して、この3チームの好調が確認されるならば、ディフューザー問題はますますヒートアップしていきそうです。

 
トヨタ 2009 チームCAP レッド
 
トヨタ 2009 キーリング TF1ピストン

本館リニューアルしようと思う

先月愛用のノートPCが壊れたため、本館のデータを含めてローカルのデータをすべて失ってしまいました。

主なページのデータは、サーバーからダウンロードしなおしたのですが、管理用のテンプレートやらライブラリーがすべて失ってしまったので、更新ができません。

新しいPC購入を機に、HP作成ソフトもバージョンアップしたので、本館自体をリニューアルしようと思います。

しばらくは忙しいのでなかなか作業に取り掛かれませんが、現在構想中です。
その間、本館の更新をストップします。

リニューアルがどれくらいでできるか・・・・まったく未定です・・・

2009年全日本F3選手権エントリーリスト

    1. F3
  • 2009 03/24 (Tue)

2009年全日本F3選手権エントリーリスト

No.
ドライバー
車名
エントラント
エンジン
■Cクラス
1
M.エリクソン
PETRONAS TOM'S F308
PETRONAS TEAM TOM'S
TOM'S TOYOTA 1AZ-FE
2
K.コッツォリーノ
TODA FIGHTEX
TODA RACING
MUGEN HONDA MF204C
12
安田裕信
ThreeBond
ThreeBond Racing
THREEBOND NISSAN SR20VE
33
岩崎祐貴
イワサキインダストリーF308
NOW MOTOR SPORT
TOM'S TOYOTA 1AZ-FE
36
井口卓人
PETRONAS TOM'S F308
PETRONAS TEAM TOM'S
TOM'S TOYOTA 1AZ-FE
37
国本雄資
PETRONAS TOM'S F308
PETRONAS TEAM TOM'S
TOM'S TOYOTA 1AZ-FE
62
嵯峨宏紀
DENSO・ルボーセF308
DENSO Team Le Beausset
TOM'S TOYOTA 1AZ-FE
■Nクラス
5
久保田克昭
ハナシマレーシング F306
(株)ハナシマレーシング
TOM'S TOYOTA 3S-GE
7
山本尚貴
HFDP RACING
HFDP RACING
TOM'S TOYOTA 3S-GE
8
小林崇志
HFDP RACING
HFDP RACING
TOM'S TOYOTA 3S-GE
18
関口雄飛
EBBRO AIM F307
AIM SPORTS
TOM'S TOYOTA 3S-GE
19
黒田吉隆
T.B.N
ACHIEVEMENT by KCMG
TOM'S TOYOTA 3S-GE
20
A.インペラトーリ
T.B.N
ACHIEVEMENT by KCMG
TOM'S TOYOTA 3S-GE
22
千代勝正
NDDP EBBRO
TEAM NOVA
TOM'S TOYOTA 3S-GE
23
佐藤公哉
NDDP EBBRO
TEAM NOVA
TOM'S TOYOTA 3S-GE
77
野呂立
CMSワコーズF306
シーエムエス モータースポーツプロジェクト
TOM'S TOYOTA 3S-GE

不況の影響もあるのか、Cクラスはわずか7台。
さらに、エンジンはTOM'S TOYOTAが6台を占め、かって大勢を占めていたMUGEN HONDAはわずか1台となってしまいました。

昨年FCJ(フォーミュラ・チャレンジ・ジャパン)でチャンピオンを獲得した国本雄資がF3デビューを果たします。

Nクラスは、9台が参戦。
実質的にTOM'S TOYOTAのワンメイクとなっています。

2009年スーパーGT主な車両既定および特別性能調整

2009年度スーパーGTの主な車両規定(GT500)

グランドツーリングカーの定義

最少2座席を有し、車両の片側面にそれぞれ1枚の乗降用ドアを有する自動車

エンジン

排気量が3400cc、V型8気筒の自然吸気エンジンでフロントにおかれること

最低重量

1,100kg

エアリストリクター径

40.7mm×1個、または29.1mm×2個

など。詳細はhttp://supergt.net/supergt/2009/09regulation/indextc.htm

なお、2009年度規定に合致しているのは、レクサスSC430のみであり、NSX、GT-Rの2車は特認車両としてと別性能調整が課せられる

特別性能調整

マシン 特別性能調整 エアリストリクター径 最低重量
SC430 × 29.1mm 1100kg
NSX 28.8mm 1120kg
GT-R 28.3mm 1130kg

NSXはミッドシップ搭載の3.4L V6エンジン搭載のため
GT-Rは4.5L V8エンジン搭載のため それぞれ特別性能調整が課せられる





スーパーGT開幕。PPはSC430立川・ライアン組

国内モータースポーツの先陣を切って、スーパーGTが岡山国際サーキットで開幕しました。

今年のスーパーGTは、ウエイトハンデ制度に大きく改革のメスが入れられ、大きく変わっています。

昨年までは、ウエイトとポイントのバランスをとりながら戦う戦略が必要だったために、あえて上位を狙わず、ポイントも獲得でき、かつウエイトを下せる9位を多くのドライバーが狙うなど、レースの本質からはおかしな戦略を余儀なくされるチームも多かったのですが、今年からの制度では大きく変わります。

ウェイトハンディ制(性能の特別調整)
各レースの競技成績によって、競技車両は次レースに性能引き下げ措置が課せられる。性能引き下げはウェイトの搭載によって行われる。各車両のドライバーの得点に連動して、車両に各大会で指定されたウェイトが搭載される。ハンディウェイトは1kg単位。
  • 第2~6戦:前戦までに獲得したシリーズ得点1ポイントを2kgに換算したハンディウェイトを搭載
  • 第7~8戦:前戦までに獲得したシリーズ得点1ポイントを1kgに換算したハンディウェイトを搭載
  • 第9戦:ハンディウェイトは撤回される(全車ノーハンデ)

※2名のドライバーのシリーズポイントが違う場合は、多い方を採用する。

※ドライバーが他の競技車両に乗り代わった場合、そのドライバーのポイントが新たな車両のウェイトの基準となる。

○ウェイトの最大積載量
ウェイトハンディの上限は100kgまでを搭載限度とするが、搭載限度を超える分のウェイトも計算上は累積される。

※ウェイトハンディの軽減、性能の引き上げ措置は行われない。

(以上スーパーGT公式サイトより引用)

 

» 続きを読む

早くも変更・1年延期

    1. F1GP
  • 2009 03/21 (Sat)

先日の17日WMSC(世界モータースポーツ評議会)が決定した、F1チャンピオンの決定方法が延期されることが発表されました。
これぞ、朝令改暮。

ただし、手続き的に性急すぎて、チームの同意を得られないための延期ということで、この方針を変えるつもりはないらしい・・・

1年延期している間に、こんな馬鹿げた案は潰してほしいもの。
FIAがお得意のアンケートを開催するときには、ぜひ反対の意見を表明しましょう!

   
   

最多優勝がチャンピオン

    1. F1GP
  • 2009 03/19 (Thu)

2009年のF1シリーズは、チャンピオン決定において非常に重要な変更が決定されました。

なんと、チャンピオンは最も優勝数の多いドライバーが獲得することになったのです。
とはいえ、バーニー・エクレストンが提唱していたメダル制ではなく、ポイントシステムは昨年までと同様ながら、ドライバーズチャンピオンのみ、優勝数で決定するんだそうな・・・

2位以下のランキングは、昨年まで同様、獲得ポイント数で決定し、優勝数が同数の場合は、獲得ポイント数によって決定します。

優勝の価値を高めるという考え方には大いに賛成です。
とはいえ、優勝こそすべてという考え方は、これまでのF1の歴史を否定するようにも思えます。
個人的には、納得できそうもありません・・・

優勝かリタイアかというタイプのドライバーは決して嫌いではありませんし、チャンレンジするドライバーは大好きです。
しかし、一方では、計算しながら確実にポイントを獲得して、速さが足らない部分を頭脳で補いながらシリーズを戦うドライバーも認めるべきだし尊敬されるべきだと思います。
そういうタイプの違うドライバーたちが、各々の戦略と力で勝ち取るのがチャンピオンだと思うのです。

そういう意味では、FOTAが提案していたポイントシステムのほうがはるかに納得できるものだったのですが・・・

   
   

うわさ?

けんさわさんのブログに思わせぶりな記事が載っているなと思っていたのですが、どうやら佐藤琢磨のことらしい?

インディジャパンにスポット参戦・・・ですか。

まぁ、F1のシートが得られなかった現実を考えると、次のターゲットがIRLになってしまうのはわかるのだけれど・・・・
経験やチーム力がものを言うシリーズですから、良いチーム体制ならいいんですが

ほほぉ~K-GamiGami!!(仮)

昨年までは春に行われていたINDY JAPANも今年は秋に変更なって、9月19日(土)が決勝予定になっています。
今年は、2年目の武藤英紀も勝ちを狙うと宣言しているし、ロジャー安川もスポット参戦が決定しています。
昨年は、ダニカ・パトリックがとして史上初の優勝を飾ってます。

今年は、秋の開催ということで、もしかするとチャンピオン決定の一戦になるかもしれませんから、ここに佐藤琢磨がスポット参戦となると、盛り上がるのは間違いないんでしょうが・・・

さて、どうなるんでしょうか・・・

INDY JAPANホームページ http://www.twinring.jp/indyjapan/

ブラウンGPは本物なのか

    1. F1GP
  • 2009 03/16 (Mon)

もとホンダF1チームである、新生ブラウンGPが驚きの速さを見せている。

当初は懐疑的だった他のチームも、徐々にその考えを改めつつあるようだ。

大きなレギュレーションの変更を受けた2009年F1シーンは、弱小チームが浮上する可能性もささやかれてはいた。しかし、それが本当に実現する可能性はあまり大きくなく、上位陣の中での勢力変動などはあり得ても、昨年コンストラクターズ9位のチームが、トップ争いに絡んでくるなど誰も本気で考えていなかったというのが本音のところだろう。

マッサ、アロンソ、クビサといったトップドライバーたちや、フェラーリ首脳でさえ、警戒すべきライバルとしてブラウンGPをとらえつつあるようだ。

はたして、ブラウンGPの速さは本物なのだろうか・・・・

» 続きを読む

Page Top

★注目!★
カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
プロフィール

cabin85

Author:cabin85
F1を中心にモータースポーツの話題をいろいろ書きます

カウンター

(Since2008.0929)

最近のコメント
最近のトラックバック
QRコード
QR
BLOGランキング
FC2BLOGRanking 
ブログランキング・にほんブログ村へ 
RSSフィード
All for WIN ! 本館
 All for WIN ! 本館へ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

PR
グーバーウォーク
ブログ内検索
リンク

このブログをリンクに追加する

Google検索
いま何時

by ブログの時計屋さん
All for WIN !掲示板
ユーザータグ

F1 日本GP 佐藤琢磨 F1 フェラーリ シンガポールGP セバスチャン・ベッテル ルノー ラリージャパン WRC 鈴鹿サーキット トロ・ロッソ WTCC ブラウンGP ハミルトン 富士スピードウェイ オーストラリアGP 世界ラリー選手権 ブラジルGP ストーブリーグ セバスチャン・ローブ マカオGP WRC IRL 2009 アクシデント ヘレス・テスト 松田次生 Formula 中嶋一貴 フォーミュラ・ニッポン 小倉直人 須藤郡宏 白鵬 "MAKE CARS シューマッハ FIA ユネスコ・スポーツ・チャンピオン F3 カナダGP NIPPON ベッテル 哀川翔 GREEN" ラリー・ジャパン 全日本F3 バン・ダム TOM’S トムス イタリアGP インディカー トミカ 日本の名レース100戦 アロンソ ライコネン 武藤英紀 シンガポール コマツ 対人地雷除去機 イタリアGP 青木孝行 LOLA ローラ 松浦孝亮 インディ・ジャパン 宇宙旅行 スーパー耐久 十勝24時間 失格 マクラーレン デビッド・ライアン 中国GP ヴァージン シューマッハー 小林可夢偉 F1ルノー ザウバー スカルプD ロバート・クビサ メルセデスGP Canon フォーミュラニッポン ルカ・バドエル ヨーロッパGP カシオ トゥルーリ ホンダF1 フランソワ・デュバル 札幌ドーム パトリック・ピバト チャンピオン フェリペ・マッサ ハンコック 世界ツーリングカー選手権 エコドライブ タイヤ 中国GP クラッシュ バリチェロ 国本京佑 マクラーレンMP4/24 トヨタTF109 全日本F3 ロス・ブラウン F60 撤退 バルセロナ テスト モトGP カワサキ ブリヂストン 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。