1. 無料アクセス解析
  1. Top » 
  2. 2008年11月
SaveJapan 私たちにできること
Saveapan300

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Janre:

バルセロナテスト/佐藤琢磨の去就は?

    1. F1GP
  • 2008 11/18 (Tue)


注目のバルセロナテストが開催されています。


トヨタを除く9チームが参加し、それぞれがそれぞれの目的を持ってテストをおこなっています。

2009年から大きく変わるF1シリーズ。


スリックタイヤが復活する反面、マシンの空力には大きく制限がかけられ、低いフロントウイングに対して、高く狭いリアウイングがなんともアンバランスに見えます。

さらに、新たに登場するKERSシステムなど、チームの課題は多そうです。


レッドブルは、WRC5連覇の最強王者セバスチャン・ロウブがF1をドライブしているのも大きな話題です。



トロ・ロッソとホンダはドライバーオーディションを兼ねているのは周知の事実。

ホンダは、ルーカス・ディ・グラッシとブルーノ・セナをテスト。

そして、日本人ファンが注目の佐藤琢磨は、トロ・ロッソで2009年のシートをかけてのテストに臨んでいます。


人気ブログランキング  FC2 Blog Ranking参加中


 

» 続きを読む

スポンサーサイト

マカオ制覇は国本京佑

    1. F3
  • 2008 11/17 (Mon)


昨日開催されたF3マカオGPで、トムスから初参戦の国本京佑が見事に優勝を飾りました。


予選3位、2番グリッドからスタートとはいえ、正直言ってそんなに期待していなかっただけに驚きました。


第2の琢磨誕生だ! マカオGP優勝の国本京佑に高まる期待

F3:マカオGP レース結果


マカオGPの歴史でも史上最年少のウイナーというおまけまでついています。

2007年のFCJチャンピオンを獲得して、今年からF3にステップアップ。トムス勢同士のチャンピオン争いでは、バン・ダムに届かなかったですが、このマカオの優勝で一躍、大きな注目集めそうです。


反面、昨年は3位表彰台を獲得した大島和也は決勝16位という事で、チームとしてのトムスの力の大きさも再認識させられます。


それにしても、マカオ制覇は運だけではなしえません。ここは、素直に感嘆と祝福を送りたいと思います。


国本京佑自身のブログも注目を集め、お祝いコメントが集まっています。

http://gazoo.com/G-Blog/GazooRacing09/index.aspx


人気ブログランキング  FC2 Blog Ranking参加中


 

真実を明かすとき



今年限りでホンダF1のシートを喪失するのではないかと噂されているルーベンス・バリチェロですが、「いつかフェラーリの真実を明かす」 との発言をしたようです。


バリチェロ 「いつかフェラーリの真実を明かす」 (F1通信) http://blog.livedoor.jp/markzu/archives/51415352.html


「みんなは、僕がフェラーリで経験したことの半分も知らない」と語ったそうで、果たしてシューマッハ専制とも云われた最強時代のフェラーリの内幕がどんな物だったのか読んでみたいですね。

「たぶんいつか本で真実を読んでもらえるだろう」
こういう発言が出るといことは、もしシートを失った場合は引退して、本を出そうという計画が進展しているのかも知れません。暴露本とかはあまり興味のない私でも、フェラーリの内幕には興味津々です。


日本でも、前阪神タイガース監督の岡田彰布が「頑固力」という本音満載の本が緊急出版されるということで話題になっています。

岡田前阪神監督「頑固力」を緊急出版 (ゲンダイネット)


潔くけじめをつけたからこそ書ける本音が満載のようで、こちらもかなり売れそうですね。


頑固力 著者:岡田彰布  798円




人気ブログランキング  FC2 Blog Ranking参加中

» 続きを読む

マカオGP開幕

    1. F3
  • 2008 11/14 (Fri)


2008年のマカオGPが開幕しました。


今年のマカオGPには、国本京佑(トムス)、大嶋和也(マノー)、嵯峨宏紀(ル・ボーセ)、松下昌揮(バイ・オンブラ)の4人の日本人ドライバーが参戦。

他に日本勢として、今年の全日本F3チャンピオンのカルロ.バン・ダム(トムス)と、K.コッツォリーノ(ナウモータースポーツ)が参戦。また、今年はフォーミュラ・ニッポンに参戦しているR.ストレイトもライコネン-ロバートソンチームから参戦しています。


昨年は、トムスのオリバー・ジェームスが優勝し、2位塚越広大、3位大島和也と日本勢が大活躍しましたが、今年は正直なところ少々小粒かなと・・・・

予選1回目は、カルロ.バン・ダムが2位につけていますが、国本京佑が12位、大嶋和也が19位、松下昌揮26位、嵯峨宏紀は予選通過タイムを記録できず29位と苦しいスタートです。


しかし、予選2回目ではカルロ.バン・ダムが逆転でポールポジションを獲得。

国本京佑も予選3位に入る健闘を魅せています。

反面、昨年3位表彰台に上がった大嶋和也は予選16位と苦戦。嵯峨宏紀25位、松下昌揮28位と苦戦しています。

松下昌揮は全日本F3でもナショナルクラスの参戦でしたし、やむをえないとも思いますが、大島和也はこんなポジションではいかんでしょう。

今年ユーロF3に参戦しながら、大きな壁にぶつかったのか苦しいシーズンを送った大島。

来年へつなげるためにも、再び結果を出したいところです。


人気ブログランキング  FC2 Blog Ranking参加中

» 続きを読む

本館更新記録 アクシデント1997年

アクシデント1990年代ページより 1997年のページを作成・掲載しました

アクシデント2000年代の各年代ページの上部に 各年毎へのリンクを設けました

佐藤琢磨 トロ・ロッソのテストに再び参加

    1. F1GP
  • 2008 11/08 (Sat)


AUTOSPORT.WEBによると、11月17日~18日にバルセロナで行なわれるテストに佐藤琢磨がトロロッソから参加することが明らかになったそうです。


トロ・ロッソはまだ来シーズンのドライバーを決定していませんが、2つのシートを現ドライバーのセバスチャン・ブルデーと、セバスチャン・ブエミ、佐藤琢磨、さらにこちらもテストに参加することが発表されている、ブルーノ・セナの4人が争う形となっています。


この17-18日のテストでは誰が参加するのか発表されてはいないようですが、おそらくはブルデーは参加するんじゃないでしょうか

ブルーノ・セナは、ホンダF1チームでもテストに参加することが発表されています。


一時の報道では、セバスチャン・ブエミはほぼ内定といわれていましたが、実際のところは不明です。

不本意な成績の為に、今年限りで放出されるとされていたセバスチャン・ブルデーも、シーズン後半はベッテルには及ばないものの、しっかりとした存在感のあるポジションを走行していました。正直、一年で首になるほど悪いドライバーだとは思えません。


いずれにしても、佐藤琢磨にとっては、このテストは本当に重要なものになることはあきらかです。

タイムだけではなく、セッティングやマシン評価など、これまでの経験を生かして、総合評価の高いテストを期待したいものです。


がんばって、2009年は見るものを元気づける走りを魅せてくれ!がんばれタクマ!


人気ブログランキング  FC2 Blog Ranking参加中

» 続きを読む

セバスチャン・ローブが5連覇を達成


F1の劇的なチャンピオン決定に注目が集まっている一方、日本で開催されていたラリー・ジャパンも終了し、シトロエンのセバスチャン・ロウブが前人未踏の5連覇を達成しています。


優勝は、ミッコ・ヒルボネンがラリー・ジャパンで連覇を決めたものの、ロウブが3位に入ったためにドライバーズ・タイトルを獲得ということで、パターンとしてはF1ブラジルGP同様となりました。



それにしても、セバスチャン・ロウブはこれでWRC5連覇という偉業を達成。

F1では、ミハエル・シューマッハーも5連覇(通算7度)を達成していますが、それにしてもすごい記録です。

2008年としても、14戦を消化して、10戦の優勝ですから、文句のつけようがありません。


人気ブログランキング  FC2 Blog Ranking参加中


 

» 続きを読む

ドラマチックで残酷な結末。ブラジルGP印象記

    1. F1GP
  • 2008 11/04 (Tue)
2008年ブラジルGP。ドライバーズタイトルの決定は、あまりにもドラマチックであり、あまりにも残酷だった。


フェラーリのフェリペ・マッサは、自身のプレッシャーをはねのけ、地元ブラジルで完璧なレースを展開し、真っ先にチェッカーを受けた。見事な優勝!

アロンソ、ライコネンといった元チャンピオン達を従えての見事な優勝だった。

そして、マッサのゴールから遅れること約39秒。ルイス・ハミルトンがゴールする。


ウイニングランを行いながら、マッサは「Thank You」と小さく、しかし何度も伝えた。

ウイニングサークルにマシンを停めた彼は、静かに目頭を押さえる。

マシンを降りると、静かに一礼。表彰台へと向かっていった。


ルイス・ハミルトンは、マシンを停めるとステアリングをはずしてマシンから下り立った。


ステアリングをコクピットに戻そうとするが、手が震えているのだろう、うまく装着できない。

ルール上、マシンを離れる際は、ステアリングを戻さなければならない。ようやくステアリングを戻した彼は、振り向きざまチームクルー達の元に駆け寄った。


最終ラップ、最終コーナーまでルイス・ハミルトンは6位を走行していた。

終盤降り出した雨は、混乱をもたらし、セバスチャン・ベッテルにオーバーテイクを許した。

安全の為に多くのマシンがレインタイヤに交換する中、トヨタのティモ・グロックはドライタイヤで走行するというギャンブルに出て、ベッテルの前の4位に上がっていた。


ハミルトンは、またも1ポイントに泣くのか。

昨年に続いてまたも大逆転が起こるのか・・・・・?


ハミルトン自身、一瞬の絶望も感じていたかも知れない。

しかし、最終コーナー手前には、ドライ炊いたが限界を超え、ペースダウンせざるを得なかったグロックの姿があった。


そして、ハミルトンは5位をもぎ取った。


マッサがフィニッシュラインを通過したとき、ハミルトンは6位を走行していた。

しかし、約39秒後にハミルトンがゴールしたときにはハミルトンは5位だった。


表彰台に現れた勝者に、はじけるような笑顔はない。

しかし、全てを出し切りベストを尽くした満足感はたたえていた。


そして新チャンピオンは、ピットで仲間達と抱き合い、はじける笑顔を見せていた


僕らは、いい時からも、自分たちのミスからも、多くのことを学んだ。僕は誇りを持ってインテルラゴスを後にすることができるよ。

フェリペ・マッサ(フェラーリ) 決勝1位 2008年ランキング2位




僕の人生の中で最もドラマティックなレースだった。言葉で表現するのはほとんど不可能だ。

ルイス・ハミルトン(マクラーレン) 決勝5位 2008年ランキング1位


人気ブログランキング  FC2 Blog Ranking参加中


 

» 続きを読む

最終決戦 ブラジルGP

    1. F1GP
  • 2008 11/01 (Sat)
さあ、2009年のF1最終戦ブラジルGPが開幕しました。


泣いても笑っても最後の一戦。2009年のチャンピオンが決定します。

昨日のフリー走行では、どうなるのか予想がつきません。


地元のマッサは、地元の期待を自らのパワーに変えることができるのか。

ハミルトンは昨年の教訓を糧に、成長を見せ、冷静にレースをまとめることができるのか。


今夜の予選で、ハミルトン、マッサ、そしてライコネン、アロンソらの位置関係がどうなるのか注目です。


インテルラゴスは、1コーナーがタイトになっています。

まずは1コーナーを無事に通り過ぎることがチャンピオンへの道につながることになるでしょうね。


人気ブログランキング  FC2 Blog Ranking参加中

» 続きを読む

Page Top

★注目!★
カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
プロフィール

cabin85

Author:cabin85
F1を中心にモータースポーツの話題をいろいろ書きます

カウンター

(Since2008.0929)

最近のコメント
最近のトラックバック
QRコード
QR
BLOGランキング
FC2BLOGRanking 
ブログランキング・にほんブログ村へ 
RSSフィード
All for WIN ! 本館
 All for WIN ! 本館へ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

PR
グーバーウォーク
ブログ内検索
リンク

このブログをリンクに追加する

Google検索
いま何時

by ブログの時計屋さん
All for WIN !掲示板
ユーザータグ

F1 日本GP 佐藤琢磨 F1 フェラーリ シンガポールGP セバスチャン・ベッテル ルノー ラリージャパン WRC 鈴鹿サーキット トロ・ロッソ WTCC ブラウンGP ハミルトン 富士スピードウェイ オーストラリアGP 世界ラリー選手権 ブラジルGP ストーブリーグ セバスチャン・ローブ マカオGP WRC IRL 2009 アクシデント ヘレス・テスト 松田次生 Formula 中嶋一貴 フォーミュラ・ニッポン 小倉直人 須藤郡宏 白鵬 "MAKE CARS シューマッハ FIA ユネスコ・スポーツ・チャンピオン F3 カナダGP NIPPON ベッテル 哀川翔 GREEN" ラリー・ジャパン 全日本F3 バン・ダム TOM’S トムス イタリアGP インディカー トミカ 日本の名レース100戦 アロンソ ライコネン 武藤英紀 シンガポール コマツ 対人地雷除去機 イタリアGP 青木孝行 LOLA ローラ 松浦孝亮 インディ・ジャパン 宇宙旅行 スーパー耐久 十勝24時間 失格 マクラーレン デビッド・ライアン 中国GP ヴァージン シューマッハー 小林可夢偉 F1ルノー ザウバー スカルプD ロバート・クビサ メルセデスGP Canon フォーミュラニッポン ルカ・バドエル ヨーロッパGP カシオ トゥルーリ ホンダF1 フランソワ・デュバル 札幌ドーム パトリック・ピバト チャンピオン フェリペ・マッサ ハンコック 世界ツーリングカー選手権 エコドライブ タイヤ 中国GP クラッシュ バリチェロ 国本京佑 マクラーレンMP4/24 トヨタTF109 全日本F3 ロス・ブラウン F60 撤退 バルセロナ テスト モトGP カワサキ ブリヂストン 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。