1. 無料アクセス解析
  1. Top » 
  2. 2008年09月
SaveJapan 私たちにできること
Saveapan300

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Janre:

ベッテル君ののつぶやき

    1. F1GP
  • 2008 09/30 (Tue)
ドウモ、セバスチャン・ベッテル デス。

いたりあGPで初優勝シマシタ。感激デシタ!

しんがぽーるデモ5位ニ入賞シマシタ。


コノ前、日本デ最モめじゃーナF1雑紙という「F1速報」見マシタ。


 



アンマリデス・・・・

ボク、ガンバリマシタ!史上最年少デ優勝シタ!ぽーるぽじしょんモトリマシタ。


デモ、デモ・・・ボクノ写真・・・小サイ・・・


 

» 続きを読む

スポンサーサイト

シンガポールGP印象記

    1. F1GP
  • 2008 09/29 (Mon)


Formula 1シリーズ初のナイトレースとして開催されたシンガポールGPは成功裡に終わった。


コースサイドに設置された1500とも言われるライトに照らし出されたコースは、上空から見れば、コースをくっきりと映し出し、コースを疾走するマシンもいつもとは違う美しさを感じさせた。


レースは、14周目のネルソン・ピケJrのクラッシュから予想できない展開を見せ始めた。


予選で渾身の走りで逆転PPを獲得し、スタートからレースをリードしていたフェラーリのフェリペ・マッサは、文字通り小さなボタンの押し間違いでレースを失った。

フェラーリはピット作業時に独自のシグナル方式を採用しているが、一瞬のグリーンシグナル点灯に見事に反応したマッサは、給油ホースを引きちぎり、ガソリンをまき散らしながらピットを後にすることになってしまった。

普段は、各作業終了のシグナル入力を確認しないとスタートできないが、この時はピットが混雑していたためにマニュアル操作していたことが原因、とフェラーリはしている。

いずれにしても、あまりにも大きな、シリーズを決定づけかねない大きなミスだった。



  



 

» 続きを読む

2008年クレイグ・ジョーンズ (本館更新履歴)

アクシデント・2輪 にクレイグ・ジョーンズを追記

クレイグ・ジョーンズ
2008年8月3日
イギリス・ブランズハッチで行われたスーパースポーツ世界選手権にParkalgar Hondaより参戦したクレイグ・ジョーンズが、2位を走行中、クラークカーブでジョナサン・レイ、アンドリュー・ピットに挟まれた形でクラッシュ。この時CBR600RRのタイヤが頭部を直撃し、重い頭部外傷を負い、翌4日午前0時32分搬送先のロイヤルロンドン病院にてに死亡した。享年23歳。

FC2 Blog Ranking参加中

F1シンガポールGP開幕

    1. F1GP
  • 2008 09/27 (Sat)
初開催となるF1・シンガポールGPが開幕しました。

市街地サーキットでの開催となるばかりではなく、F1の歴史上、初めての夜間開催(ナイトレース)ということで、様々な心配もされていましたが、初日は大きなトラブルも無く終了したようです。


コースはモナコ並みにダウンフォースが必要とされるということですが、路面はバンピーで、セッティングには難しさもあるようです。

照明に関しては、「一部に暗い部分もある(アロンソ)」との指摘もありますが、概ねは問題なし。ただし、雨が降って水煙が上がった場合への不安はまだ残ります。


今夜はいよいよ予選が行われます。

オーバーテイクは非常に難しいと予想されていますので、PP獲得が優勝への最短距離となるのは間違いありません。

さて、どんな結果になるのか楽しみですね。


FC2 Blog Ranking参加中


» 続きを読む

本格稼働!?

しばらくの間、FC2ブログに慣れるのをかねてテスト運用としてきましたが、9月25日に突然こちらへの移転を決意しました。

ということで、All for WIN !Blog館としてはこちらに主力を移します。
旧サイト http://plaza.rakuten.co.jp/motosupo/ は、題名を変更して継続します。

もし古い記事を読んだやろうなどと奇特な方は旧サイトも除いてみてください。

これから、どうぞよろしくお願いします

1938年ベルント・ローゼマイヤー(All for WIN!本館更新記録)

1938年ベルント・ローゼマイヤー  加筆訂正しました

  FC2 Blog Ranking

本館更新記録 フォーミュラニッポン&全日本F3

2008年フォーミュラニッポン に2008年度ランキングを追記


2008年全日本F3選手権 に2008年度ランキングを追記

トミカから対人地雷除去機発売。NPOへの寄付も実施

タカラトミーは本日9月20日、トミカ「コマツ対人地雷除去機D85MS」を発売します。



この「コマツ対人地雷除去機D85MS」は2007年9月よりアフガニスタンで実際に地雷除去活動で使用されているものだそうで、これまで様々な機種が発売されてきたトミカシリーズでも、このような平和活動に関するものは初めてだそうです。


さらに、この「コマツ対人地雷除去機D85MS」の売り上げに対して、コマツ、タカラトミー双方がNPO法人「日本地雷処理を支援する会(JMAS)」に寄付し、対人地雷の被害に苦しむ地域の復興支援活動に役立ててもらうそうです。


地雷除去のような機種が発売されることも珍しいですが、小さなミニカーを手にすることで、それが地雷に苦しむ人たちの助けになるのなら素晴らしいことですね。


 No.14 コマツ 対人地雷除去機 D85MS 9月中頃発売予約


  FC2 Blog Ranking参加中です

哀川翔のWRCへの挑戦

10/31~11/2に北海道を舞台に開催される、2009年WRC世界ラリー選手権第14戦・ラリー・ジャパンへの参戦をめざして、俳優の哀川翔が着実なステップを踏んでいます。



2008年お正月映画として公開された「SS -エスエス-」
で中年ラリードライバーを演じた哀川翔が、実際にラリー出場をめざしているのだそうです。


この模様はドキュメンタリー番組「哀川翔 ラリージャパンへの挑戦!!」(仮)として12月上旬にBSで放送されるそうですが、真剣にWRCを目指している模様はAUTOSPORT.webでもレポートされています。

» 続きを読む

F1イタリアGP印象記

    1. F1GP
  • 2008 09/16 (Tue)
2008年イタリアGPは、トロ・ロッソのセバスチャン・ベッテルの初優勝という結果に終わった。



初めてのポールポジション獲得からそのまま初優勝という快挙は、なかなか記憶に無い。それがトロ・ロッソというプライベートチームで成し遂げられたという事実が、なおさらその価値を高めている。

それにしても、ベッテルの走りは安定感のある見事なもの。多くのプレッシャーもあったであろうが、安定感のあるラップを刻み、集中力を切らすことなくチェッカーを受けた。


マクラーレンのハミルトンは、多くのオーバーテイクを決めて、瞬く間に上位に進出、レースを盛り上げた。

ワンストップ作戦の燃料を積みながら、積極果敢に追い上げた走りはすばらしいもの。やや強引なシーンは見られたけれど、なかなかできることでは無い。

15周目にグロックをオーバーテイクする際には、ストレートでグロックをコースから半分押し出すシーンも見られた。危ないシーンだったが事なきを得たのは幸いだった。

ただ、前戦のベルギーGPでライコネンにコースから押し出されたとして非難していたドライバーの行為とは思えなかった。

» 続きを読む

波乱のイタリアGP予選は、セバスチャン・ベッテルがPP奪取!!

    1. F1GP
  • 2008 09/13 (Sat)



雨となった2008年イタリアGP予選は歴史に残るかもしれない。

トロ・・ロッソのセバスチャン・ベッテルが初のポールポジションを獲得する快挙をなしえた!!

トロ・ロッソチームとしてももちろんだが、前身のミナルディ時代から数えても初の予選1位は、快挙としか言いようがない。


雨のレースは過去数々の波乱を巻き起こし、才能のきらめきを見せてきた。


アイルトン・セナがその名を知らしめたのは、雨のモナコだった。

そのセナがドニントンパークでの伝説となるオープニングラップを刻んだレースで、新人ルーベンス・バリチェロは注目を集める走りを見せていた。

そのバリチェロの初めてのPPも雨だったと記憶しているし、フィジケラも雨の予選で初PPを記録した。

» 続きを読む

ライコネン、2010年まで契約延長

    1. F1GP
  • 2008 09/13 (Sat)



イタリアGP初日、フェラーリは緊急リリースを出し、ライコネンと2010年まで契約を延長したことが発表されました。

ライコネン、フェラーリと2010年まで契約延長


よかっった~!

今のF1からライコネンがいなくなってしまったら、本当につまらなくなってしまう


今シーズンのライコネンは存在感のあるライコネンらしい走りが見られなくなっていたのは事実。

それに前後するように、「ライコネンは、F1のレース以外のものを嫌っている」という報道もされていました。


個人的には、もしかして本当に引退もあるのでは無いかと危惧していたんですが、先日のスパで元気なライコネンの走りが復活。

結果はクラッシュしてしまいましたが思い切りのよい走りが見られて嬉しかったものです

» 続きを読む

築地魚河岸○代目?

2008年のインディカーシリーズ、ルーキー・オブ・イヤーに輝いた武藤英紀。



彼の実家が築地で魚河岸「布袋寅」を営んでいることは有名です。



築地魚河岸三代目
というマンガが映画にもなったこともありますが、武藤は何代目ぐらいになるんだろうと調べてみると、

記事によって4代目・5代目・6代目と違っていることに気がつきました


インディジャパン開幕前の毎日JPの記事では「6代目」と紹介。

アイオワでの2位表彰台獲得を伝える、MSN産経ニュースでは「普通なら4代目をつぐところ」と紹介され、

同じアイオワでの快挙を伝えるスポニチの記事には「5代目にあたる男」と表記しています。

» 続きを読む

全日本F3チャンピオンは、カルロ・バン・ダ

    1. F3
  • 2008 09/10 (Wed)
2008年全日本F3選手権は、8月30日に行われた第15戦で、TOM'Sのカルロ・バン・ダムがシーズン7勝目をあげ、チャンピオンを獲得しました。

バン・ダムのチャンピオンは素晴らしいものだと思いますが、今シーズンの全体の成績を振り返ると、なんだか釈然としないものもあります。
F3カテゴリーは、ドライバーがステップアップしていく過程であり、イコールコンディションでドライバーの力を見るはずなのに、あまりにもチーム間の力の差がありすぎることです。
というよりも、TOM'Sチームの力がぬきんですぎています。

» 続きを読む

武藤英紀 ルーキー・オブ・ザ・イヤー獲得

今年からIRL・インディカーシリーズに参戦していた武藤英紀が2009年のルーキー・オブ・ザ・イヤーを獲得しました

ライバルであったジャスティン・ウイルソンを6ポイント上回り今年のランキングは10位。日本人としては2004年の松浦孝亮以来ふたり目の快挙となります。

とはいえ、その松浦孝亮と入れ替わる形でのIRL参戦でもあり、ルーキーとしては恵まれた体制である強豪AGRからの参戦であり、ルーキー・オブ・ザ・イヤー獲得はある意味課せられた課題であったといえるかも知れません。

それでも、アイオワでの2位獲得など得るものも大きかったシーズンだったと思います。

» 続きを読む

本館更新履歴

ショッピング・日本の名レース100選  に Vol.49 91菅生F3000 を追記


アクシデント (1969年 松永喬) を加筆・修正
加筆には日本の名レース100選(volume 046)」を参考に致しました


F1ベルギーGP決勝終わりて・・・

    1. F1GP
  • 2008 09/08 (Mon)
F1ベルギーGPのフィニッシュを見届け、外に出た。



空一面に広がる星の輝きが美しい。競うように鳴く虫たちの声。すっかり秋の気配。



伝統のベルギーGP。スパ・フランコルシャンサーキットは、スパがスパたる所以ででグランプリを盛り上げた。


ラスト数周で降り出した雨、ピット周辺を濡らす。

ピットに駆け込むもの、コース上に止まるもの。思いが錯綜する。

» 続きを読む

本館更新履歴

アクシデント・2000年代
8月24日  ピエトロ・ティンピーニ(メカニック) を 追記


日本の名レース100戦 (Voi. 1 - 50)

Vol,48 ’96 NASCARサンダースペシャル および Vol,50 ’94 十勝24時間 を追記

本館更新履歴・アクシデント2000年代

アクシデント・2000年代

2008年7月11日 伊藤大輔 を追記

情報は AUTOSPORT.web 内のニュースをまとめました

2008年8月10日 平手晃平 を追記

情報は、フォーミュラニッポン公式サイトのレースレポート http://www.f-nippon.co.jp/race/racereport.php?rd=6;p=3 より抜粋、まとめさせていただきました

2008年8月15日 ジジ・ガリ を追記

情報は、http://www.wrc-japan.jp/news_detail.php?news_id=21を参考にまとめました

松田次生がフォーミュラ・ニッポンのタイトル連覇

今年のFormula NIPPONは昨年のチャンピオンでもある松田次生(LAWSON TEAM IMPUL)が見事に連覇を決めました。

フォーミュラ・ニッポンとしては初の連続チャンピオンと言うことで、国内トップフォーミュラとしてみても、1984~1986年に3連覇した中嶋悟以来という快挙になります。なんと全日本F2選手権の時代からの快記録ということになります。


昨年は、最終戦チェッカーが振られたときには木暮卓史が逆転チャンピオンと誰もが思っていたものの、レース後の車検で失格という波乱。0勝ながらコンスタントに上位入賞していた松田が初のタイトル獲得となりました。


» 続きを読む

佐藤琢磨がトロ・ロッソのテストに参加決定(9月18日・ヘレス)

    1. F1GP
  • 2008 09/02 (Tue)
かねてより噂されていた、佐藤琢磨のトロ・ロッソへのヘレス・テストへの参加が正式決定しました


佐藤琢磨のトロ・ロッソのテスト参加が正式決定(F1ーGATE.com)



セバスチャン・ベッテル
の後任として誰が相応しいのかを試し、確認すべき時がやってきました」と語るフランツ・トスト (トロ・ロッソ チーム代表)。

テストには、レッドブルの若手ドライバーで今年GP2で4勝をあげている、セバスチャン・ブエミも参加し、9月17日にブエミ、18日に佐藤琢磨が参加する事になるようです。


現在のドライバーである、セバスチャン・ボーデはまだ残留が決まっていませんので、ボーデ、ブエミ、琢磨の3人から2009年ドライバーを決定するということになるのでしょう。

» 続きを読む

本館更新履歴・アクシデント2輪

アクシデント・2輪
2008年7月13日須藤郡宏
2000年3月7日小倉直人 の2名を追記

須藤郡宏さんの情報は、掲示板より「みね」さんよりいただき、
http://mainichi.jp/select/jiken/news/20080713k0000e040034000c.html の記事をまとめさせていただきました

小倉直人さんの情報は、示板より「みつ」さんよりいただき、
http://www.jfpi.or.jp/stat/ms/20/news/20000308.htm からまとめさせていただきました

ユネスコ・スポーツ・チャンピオン

今朝の新聞を見ていると、大相撲の白鵬関に「ユネスコ・スポーツ・チャンピオン」の称号を贈られることになったとの記事が掲載されていました。


白鵬関にスポーツ・チャンピオン称号 ユネスコ授与へ、アジア初 (共同通信) 


過去にはサッカーのペレ(ブラジル)やF1のミハエル・シューマッハー(ドイツ)ら世界で8人に贈られているが、アジアでは白鵬関が初めてとのこと。

確かにミハエル・シューマッハは現役時代からユネスコの活動に熱心に協力していたことは知っていましたが、こういう称号が贈られていたのは知りませんでした。

» 続きを読む

Page Top

★注目!★
カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
プロフィール

Author:cabin85
F1を中心にモータースポーツの話題をいろいろ書きます

カウンター

(Since2008.0929)

最近のコメント
最近のトラックバック
QRコード
QR
BLOGランキング
FC2BLOGRanking 
ブログランキング・にほんブログ村へ 
RSSフィード
All for WIN ! 本館
 All for WIN ! 本館へ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

PR
グーバーウォーク
ブログ内検索
リンク

このブログをリンクに追加する

Google検索
いま何時

by ブログの時計屋さん
All for WIN !掲示板
ユーザータグ

F1 日本GP 佐藤琢磨 F1 フェラーリ シンガポールGP セバスチャン・ベッテル ルノー ラリージャパン WRC 鈴鹿サーキット トロ・ロッソ WTCC ブラウンGP ハミルトン 富士スピードウェイ オーストラリアGP 世界ラリー選手権 ブラジルGP ストーブリーグ セバスチャン・ローブ マカオGP WRC IRL 2009 アクシデント ヘレス・テスト 松田次生 Formula 中嶋一貴 フォーミュラ・ニッポン 小倉直人 須藤郡宏 白鵬 "MAKE CARS シューマッハ FIA ユネスコ・スポーツ・チャンピオン F3 カナダGP NIPPON ベッテル 哀川翔 GREEN" ラリー・ジャパン 全日本F3 バン・ダム TOM’S トムス イタリアGP インディカー トミカ 日本の名レース100戦 アロンソ ライコネン 武藤英紀 シンガポール コマツ 対人地雷除去機 イタリアGP 青木孝行 LOLA ローラ 松浦孝亮 インディ・ジャパン 宇宙旅行 スーパー耐久 十勝24時間 失格 マクラーレン デビッド・ライアン 中国GP ヴァージン シューマッハー 小林可夢偉 F1ルノー ザウバー スカルプD ロバート・クビサ メルセデスGP Canon フォーミュラニッポン ルカ・バドエル ヨーロッパGP カシオ トゥルーリ ホンダF1 フランソワ・デュバル 札幌ドーム パトリック・ピバト チャンピオン フェリペ・マッサ ハンコック 世界ツーリングカー選手権 エコドライブ タイヤ 中国GP クラッシュ バリチェロ 国本京佑 マクラーレンMP4/24 トヨタTF109 全日本F3 ロス・ブラウン F60 撤退 バルセロナ テスト モトGP カワサキ ブリヂストン 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。