1. 無料アクセス解析
  1. Top » 
  2. F3
SaveJapan 私たちにできること
Saveapan300

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Janre:

2009年全日本F3選手権エントリーリスト

    1. F3
  • 2009 03/24 (Tue)

2009年全日本F3選手権エントリーリスト

No.
ドライバー
車名
エントラント
エンジン
■Cクラス
1
M.エリクソン
PETRONAS TOM'S F308
PETRONAS TEAM TOM'S
TOM'S TOYOTA 1AZ-FE
2
K.コッツォリーノ
TODA FIGHTEX
TODA RACING
MUGEN HONDA MF204C
12
安田裕信
ThreeBond
ThreeBond Racing
THREEBOND NISSAN SR20VE
33
岩崎祐貴
イワサキインダストリーF308
NOW MOTOR SPORT
TOM'S TOYOTA 1AZ-FE
36
井口卓人
PETRONAS TOM'S F308
PETRONAS TEAM TOM'S
TOM'S TOYOTA 1AZ-FE
37
国本雄資
PETRONAS TOM'S F308
PETRONAS TEAM TOM'S
TOM'S TOYOTA 1AZ-FE
62
嵯峨宏紀
DENSO・ルボーセF308
DENSO Team Le Beausset
TOM'S TOYOTA 1AZ-FE
■Nクラス
5
久保田克昭
ハナシマレーシング F306
(株)ハナシマレーシング
TOM'S TOYOTA 3S-GE
7
山本尚貴
HFDP RACING
HFDP RACING
TOM'S TOYOTA 3S-GE
8
小林崇志
HFDP RACING
HFDP RACING
TOM'S TOYOTA 3S-GE
18
関口雄飛
EBBRO AIM F307
AIM SPORTS
TOM'S TOYOTA 3S-GE
19
黒田吉隆
T.B.N
ACHIEVEMENT by KCMG
TOM'S TOYOTA 3S-GE
20
A.インペラトーリ
T.B.N
ACHIEVEMENT by KCMG
TOM'S TOYOTA 3S-GE
22
千代勝正
NDDP EBBRO
TEAM NOVA
TOM'S TOYOTA 3S-GE
23
佐藤公哉
NDDP EBBRO
TEAM NOVA
TOM'S TOYOTA 3S-GE
77
野呂立
CMSワコーズF306
シーエムエス モータースポーツプロジェクト
TOM'S TOYOTA 3S-GE

不況の影響もあるのか、Cクラスはわずか7台。
さらに、エンジンはTOM'S TOYOTAが6台を占め、かって大勢を占めていたMUGEN HONDAはわずか1台となってしまいました。

昨年FCJ(フォーミュラ・チャレンジ・ジャパン)でチャンピオンを獲得した国本雄資がF3デビューを果たします。

Nクラスは、9台が参戦。
実質的にTOM'S TOYOTAのワンメイクとなっています。

スポンサーサイト

マカオ制覇は国本京佑

    1. F3
  • 2008 11/17 (Mon)


昨日開催されたF3マカオGPで、トムスから初参戦の国本京佑が見事に優勝を飾りました。


予選3位、2番グリッドからスタートとはいえ、正直言ってそんなに期待していなかっただけに驚きました。


第2の琢磨誕生だ! マカオGP優勝の国本京佑に高まる期待

F3:マカオGP レース結果


マカオGPの歴史でも史上最年少のウイナーというおまけまでついています。

2007年のFCJチャンピオンを獲得して、今年からF3にステップアップ。トムス勢同士のチャンピオン争いでは、バン・ダムに届かなかったですが、このマカオの優勝で一躍、大きな注目集めそうです。


反面、昨年は3位表彰台を獲得した大島和也は決勝16位という事で、チームとしてのトムスの力の大きさも再認識させられます。


それにしても、マカオ制覇は運だけではなしえません。ここは、素直に感嘆と祝福を送りたいと思います。


国本京佑自身のブログも注目を集め、お祝いコメントが集まっています。

http://gazoo.com/G-Blog/GazooRacing09/index.aspx


人気ブログランキング  FC2 Blog Ranking参加中


 

マカオGP開幕

    1. F3
  • 2008 11/14 (Fri)


2008年のマカオGPが開幕しました。


今年のマカオGPには、国本京佑(トムス)、大嶋和也(マノー)、嵯峨宏紀(ル・ボーセ)、松下昌揮(バイ・オンブラ)の4人の日本人ドライバーが参戦。

他に日本勢として、今年の全日本F3チャンピオンのカルロ.バン・ダム(トムス)と、K.コッツォリーノ(ナウモータースポーツ)が参戦。また、今年はフォーミュラ・ニッポンに参戦しているR.ストレイトもライコネン-ロバートソンチームから参戦しています。


昨年は、トムスのオリバー・ジェームスが優勝し、2位塚越広大、3位大島和也と日本勢が大活躍しましたが、今年は正直なところ少々小粒かなと・・・・

予選1回目は、カルロ.バン・ダムが2位につけていますが、国本京佑が12位、大嶋和也が19位、松下昌揮26位、嵯峨宏紀は予選通過タイムを記録できず29位と苦しいスタートです。


しかし、予選2回目ではカルロ.バン・ダムが逆転でポールポジションを獲得。

国本京佑も予選3位に入る健闘を魅せています。

反面、昨年3位表彰台に上がった大嶋和也は予選16位と苦戦。嵯峨宏紀25位、松下昌揮28位と苦戦しています。

松下昌揮は全日本F3でもナショナルクラスの参戦でしたし、やむをえないとも思いますが、大島和也はこんなポジションではいかんでしょう。

今年ユーロF3に参戦しながら、大きな壁にぶつかったのか苦しいシーズンを送った大島。

来年へつなげるためにも、再び結果を出したいところです。


人気ブログランキング  FC2 Blog Ranking参加中

» 続きを読む

全日本F3タイヤはハンコックのワンメイクに

    1. F3
  • 2008 10/28 (Tue)
今年はトムスのカルロ・バン・ダムの圧勝に終わった全日本F3選手権。


エントリークラスということで、コントロールタイヤ(ワンメイク)で行われているわけですが、これまでブリヂストンが供給していました。

そんな中、2009年より2年間は韓国のハンコックタイヤが供給することが発表されました。


ハンコックはスーパーGTにも参戦していますし、その性能に対してどうのこうのいうつもりは無いのですが・・・・


でも、やっぱり日本の選手権なので日本のタイヤメーカーにがんばって欲しかったという気もしますね。


もちろん、ヨーロッパのレースなどでも日本のタイヤメーカーは活躍して足下を支えています。

先日開催されたWTCCはADVANが供給していますね。


日本のレースなんだから日本のタイヤメーカーがという言い方をすると、じゃーヨーロッパのレースはヨーロッパのメーカーに、ということになってしまってフェアでは無いとは思うのですけれど。

でも、ブリヂストンでなくても、ADVANでもFALKENでもがんばって欲しかったなぁ・・・・という気持ちが浮かんできてしまいます


人気ブログランキング  FC2 Blog Ranking参加中


 

全日本F3チャンピオンは、カルロ・バン・ダ

    1. F3
  • 2008 09/10 (Wed)
2008年全日本F3選手権は、8月30日に行われた第15戦で、TOM'Sのカルロ・バン・ダムがシーズン7勝目をあげ、チャンピオンを獲得しました。

バン・ダムのチャンピオンは素晴らしいものだと思いますが、今シーズンの全体の成績を振り返ると、なんだか釈然としないものもあります。
F3カテゴリーは、ドライバーがステップアップしていく過程であり、イコールコンディションでドライバーの力を見るはずなのに、あまりにもチーム間の力の差がありすぎることです。
というよりも、TOM'Sチームの力がぬきんですぎています。

» 続きを読む

Page Top

★注目!★
カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
プロフィール

cabin85

Author:cabin85
F1を中心にモータースポーツの話題をいろいろ書きます

カウンター

(Since2008.0929)

最近のコメント
最近のトラックバック
QRコード
QR
BLOGランキング
FC2BLOGRanking 
ブログランキング・にほんブログ村へ 
RSSフィード
All for WIN ! 本館
 All for WIN ! 本館へ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

PR
グーバーウォーク
ブログ内検索
リンク

このブログをリンクに追加する

Google検索
いま何時

by ブログの時計屋さん
All for WIN !掲示板
ユーザータグ

F1 日本GP 佐藤琢磨 F1 フェラーリ シンガポールGP セバスチャン・ベッテル ルノー ラリージャパン WRC 鈴鹿サーキット トロ・ロッソ WTCC ブラウンGP ハミルトン 富士スピードウェイ オーストラリアGP 世界ラリー選手権 ブラジルGP ストーブリーグ セバスチャン・ローブ マカオGP WRC IRL 2009 アクシデント ヘレス・テスト 松田次生 Formula 中嶋一貴 フォーミュラ・ニッポン 小倉直人 須藤郡宏 白鵬 "MAKE CARS シューマッハ FIA ユネスコ・スポーツ・チャンピオン F3 カナダGP NIPPON ベッテル 哀川翔 GREEN" ラリー・ジャパン 全日本F3 バン・ダム TOM’S トムス イタリアGP インディカー トミカ 日本の名レース100戦 アロンソ ライコネン 武藤英紀 シンガポール コマツ 対人地雷除去機 イタリアGP 青木孝行 LOLA ローラ 松浦孝亮 インディ・ジャパン 宇宙旅行 スーパー耐久 十勝24時間 失格 マクラーレン デビッド・ライアン 中国GP ヴァージン シューマッハー 小林可夢偉 F1ルノー ザウバー スカルプD ロバート・クビサ メルセデスGP Canon フォーミュラニッポン ルカ・バドエル ヨーロッパGP カシオ トゥルーリ ホンダF1 フランソワ・デュバル 札幌ドーム パトリック・ピバト チャンピオン フェリペ・マッサ ハンコック 世界ツーリングカー選手権 エコドライブ タイヤ 中国GP クラッシュ バリチェロ 国本京佑 マクラーレンMP4/24 トヨタTF109 全日本F3 ロス・ブラウン F60 撤退 バルセロナ テスト モトGP カワサキ ブリヂストン 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。