1. 無料アクセス解析
  1. Top » 
  2. Formula NIPPON
SaveJapan 私たちにできること
Saveapan300

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Janre:

フォーミュラ・ニッポン 2010年暫定カレンダー

2010年のフォーミュラ・ニッポン暫定カレンダーです

Round Date Circuit
1 4月17日(土)~18日(日) 鈴鹿サーキット
2 5月22日(土)~23日(日) ツインリンクもてぎ
3 7月17日(土)~18日(日) オートポリス
4 8月7日(土)~8日(日) ツインリンクもてぎ
5 8月28日(土)~29日(日) 富士スピードウェイ
6 9月25日(土)~26日(日) スポーツランドSUGO
7 11月6日(土)~7日(日) 鈴鹿サーキット
オールスター戦 11月13日(土)~14日(日) 富士スピードウェイ

11/13-14のオールスター戦は、スーパーGT も特別戦として、同日に開催される贅沢な一日となりそうです。

にほんブログ村 車ブログ 車 モータースポーツへ  

 

スポンサーサイト

Formula NIPPON開幕直前

明日4月4日国内フォーミュラレースも開幕します。

富士スピードウェイを舞台にした、フォーミュラ・ニッポン&全日本F3開幕戦です。

 

今年のフォーミュラ・ニッポンはマシンを一新し、アメリカ・スイフト社製のFN09での戦いとなります。
特徴的なフロントウイングなど、見た目も新鮮で期待感は高まりますね。

画像はフォーミュラ・ニッポン 2008 総集編(DVD) 4/3発売  

新マシンの特徴の一つが、オーバーテイクボタンの採用になります。

これはレース中5回に限って、レブリミットを400回転引き上げることができるというもの。今年のF1では、KERSを使って同様の試みがされていますが、エフポンでは、ドライバーの頭上にランプを設けて、ボタンを使用しているかどうかが観客にも一目でわかるようにされているのがいい点です。
このランプは5個のランプが装備されていて、一度使用すると1個づつ消灯していくので、残り使用回数も一目でわかります。(ただし、ドライバーには見えない)オーバーテイクボタンを使用中は、5つのランプが点滅して、知らせてくれます。

F1のように、1周1回ではないので、ドライバーによってどこで使うかがバトルのカギになることが予想されます。
このオーバーテイクボタンは今年の大きな注目点になりそうです。

一方で参戦するドライバーは、13台と非常に少なくなってしまいました。

チーム No. ドライバー 年齢 エンジン
LAWSON TEAM IMPUL 1 松田 次生 29 TOYOTA RV8K
2 ブノワ・トレルイエ 32
Team LeMans 7 国本 京佑 20 TOYOTA RV8K
8 石浦 宏明 27
HFDP RACING 10 塚越 広大 22 HONDA HR09E
TEAM IMPUL 20 平手 晃平 22 TOYOTA RV8K
NAKAJIMA RACING 31 ロイック・デュバル 26 HONDA HR09E
32 小暮 卓史 28
TEAM TOM’S 36 アンドレ・ロッテラー 27 TOYOTA RV8K
37 大嶋 和也 21
DOCOMO TEAMDANDELION RACING 40 リチャード・ライアン 29 HONDA HR09E
41 伊沢 拓也 24
CERUMO/INGING 48 立川 祐路 33 TOYOTA RV8K

かってのチャンピオン本山哲も参戦を取りやめるなど、ベテランの減少がさみしく感じます。
また、コンドウレーシングやアグリも参戦を中止し、不況の影響を大きく感じます。

しかし、昨年活躍した若手の伊沢拓也や平手晃平、石浦宏明らはますます活躍しそうですし、ユーロF3帰りの大嶋和也、塚越広大、マカオウイナーの国本京佑といったルーキーがデビューも果たします。

2年連続チャンピオンという偉業を達成した松田次生、速さは定評のある小暮卓史、トレルイエ、ロッテラーらの有力ベテラン勢らに、若手が挑戦する図式は、マシンの一新もあって、非常に見ごたえのあるものになりそうな予感です。


 

(数量限定特典付)崖の上のポニョ[2枚組] 7月3日発売

(DVD2枚 101分) 3800円(税込)(23%off)

 

松田次生がフォーミュラ・ニッポンのタイトル連覇

今年のFormula NIPPONは昨年のチャンピオンでもある松田次生(LAWSON TEAM IMPUL)が見事に連覇を決めました。

フォーミュラ・ニッポンとしては初の連続チャンピオンと言うことで、国内トップフォーミュラとしてみても、1984~1986年に3連覇した中嶋悟以来という快挙になります。なんと全日本F2選手権の時代からの快記録ということになります。


昨年は、最終戦チェッカーが振られたときには木暮卓史が逆転チャンピオンと誰もが思っていたものの、レース後の車検で失格という波乱。0勝ながらコンスタントに上位入賞していた松田が初のタイトル獲得となりました。


» 続きを読む

Page Top

★注目!★
カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
プロフィール

cabin85

Author:cabin85
F1を中心にモータースポーツの話題をいろいろ書きます

カウンター

(Since2008.0929)

最近のコメント
最近のトラックバック
QRコード
QR
BLOGランキング
FC2BLOGRanking 
ブログランキング・にほんブログ村へ 
RSSフィード
All for WIN ! 本館
 All for WIN ! 本館へ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

PR
グーバーウォーク
ブログ内検索
リンク

このブログをリンクに追加する

Google検索
いま何時

by ブログの時計屋さん
All for WIN !掲示板
ユーザータグ

F1 日本GP 佐藤琢磨 F1 フェラーリ シンガポールGP セバスチャン・ベッテル ルノー ラリージャパン WRC 鈴鹿サーキット トロ・ロッソ WTCC ブラウンGP ハミルトン 富士スピードウェイ オーストラリアGP 世界ラリー選手権 ブラジルGP ストーブリーグ セバスチャン・ローブ マカオGP WRC IRL 2009 アクシデント ヘレス・テスト 松田次生 Formula 中嶋一貴 フォーミュラ・ニッポン 小倉直人 須藤郡宏 白鵬 "MAKE CARS シューマッハ FIA ユネスコ・スポーツ・チャンピオン F3 カナダGP NIPPON ベッテル 哀川翔 GREEN" ラリー・ジャパン 全日本F3 バン・ダム TOM’S トムス イタリアGP インディカー トミカ 日本の名レース100戦 アロンソ ライコネン 武藤英紀 シンガポール コマツ 対人地雷除去機 イタリアGP 青木孝行 LOLA ローラ 松浦孝亮 インディ・ジャパン 宇宙旅行 スーパー耐久 十勝24時間 失格 マクラーレン デビッド・ライアン 中国GP ヴァージン シューマッハー 小林可夢偉 F1ルノー ザウバー スカルプD ロバート・クビサ メルセデスGP Canon フォーミュラニッポン ルカ・バドエル ヨーロッパGP カシオ トゥルーリ ホンダF1 フランソワ・デュバル 札幌ドーム パトリック・ピバト チャンピオン フェリペ・マッサ ハンコック 世界ツーリングカー選手権 エコドライブ タイヤ 中国GP クラッシュ バリチェロ 国本京佑 マクラーレンMP4/24 トヨタTF109 全日本F3 ロス・ブラウン F60 撤退 バルセロナ テスト モトGP カワサキ ブリヂストン 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。