1. 無料アクセス解析
  1. Top » 
  2. ルノー
SaveJapan 私たちにできること
Saveapan300

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Janre:

琢磨無念・・・ルノーはペトロフを発表

    1. F1GP
  • 2010 02/02 (Tue)



ルノーとの交渉が期待されていた佐藤琢磨でしたが、残念ながらシート獲得はなりませんでしたね。


ルノーの2010年新車R30の発表とともに紹介されたのは、ローバーと・クビカのチームメイトにロシア人のビタリー・ペトロフ。

多額の資金を持ち込めると噂されていたドライバーです。

もっとも、2009年GP2シリーズでも、2位のランキングに入っていますから、実績的にもF1ステップアップは不思議ではありません。


資金なのか実力評価なのかはともかく、佐藤琢磨がF1に復帰できなかった事実は、非常に残念。

小林可夢偉がザウバーから走るとはいえ、佐藤琢磨の熟成された走りも見たかった。








blogram投票ボタン にほんブログ村 車ブログ 車 モータースポーツへ
スポンサーサイト

F1公式サイトで佐藤琢磨に投票

    1. F1GP
  • 2010 01/17 (Sun)

何気なくF1公式サイトを見ていたら左下のスペースにコンな記事(?)が

Which of these drivers would you most like to see fill the unconfirmed slot alongside Robert Kubica at Renault?

続いてこの3人の名前が。

Romain Grosjean 
Nick Heidfeld 
Takuma Sato

現在ルノーのシートを争うドライバーの内、有力といわれる3人の中に佐藤琢磨が入っていることは先日書きましたが、F1公式サイトでこんなアンケートを採るとは思いませんでした。

名前をクリック(投票?)してみると、グロージャン31.36%、ハイドフェルド37.565%、佐藤琢磨31.08%と表示されました。
ここでも、3人が僅差で争う状況のようです。

別にルノーが行っているアンケートではないのでこの結果がシート獲得につながるわけではないでしょうが、ファンなら応援したいですよね。
皆さんも是非投票してみてください!

もしかすると、琢磨のシート獲得にちょっとだけでも貢献できるかも??

blogram投票ボタン にほんブログ村 車ブログ 車 モータースポーツへ
 

信じたくないルノー・スキャンダル

    1. F1GP
  • 2009 09/04 (Fri)

F1ではルノーのクラッシュスキャンダルが新たに浮上、FIAがその調査を進めています。

スキャンダルの発信元はブラジルのメディアで、今年シーズン途中で解雇されたネルソン・ピケJr親子というのがもっぱらの噂。
個人的には信じがたい(信じたくない)内容ですが、FIAが調査に乗り出しているとのことですから、それなりの信憑性があるものなのでしょう。

疑惑の内容は、昨年(2008年)のシンガポールGPにおいて、フェルナンド・アロンソのレースを有利に進めるために、ネルソン・ピケJrにレース中のクラッシュをチームが命じたというもの。

F1の世界では、毎年のようにチームオーダー疑惑であったり、マクラーレンのスパイ疑惑など、様々なスキャンダルが発生してきました。
多くは、ファンから見ても、そういうこともあるだろうなというものが多く、スキャンダルではあるものの、個人的にはそれほどショッキングとは感じていないものが多かった。

しかし、今回のスキャンダルはチームのレースを有利にするために、クラッシュを命じ、セーフティカー(SC)を利用してポジションを上げさせてレースを有利に運んだとするもので、モーターレーシングファンとしては信じがたいものです。

実際、2008年シンガポールGPでは、軽いタンクでスタートしたアロンソがピットストップを済ませた翌週にピケがクラッシュ。
他のチームがピットインに入る直前という絶妙のタイミングでのクラッシュにより、結果としてアロンソが優勝を飾っています。

当初、この疑惑が浮上した際には、「さすがにそれは無いでしょう?」と思っていました。
しかし、FIAの調査はかなり真剣に行われているようです。

本当に、ルノーチームはクラッシュを命じ、そして命じられたドライバーは実際にわざとクラッシュしたんでしょうか?
チームが命じるのも信じたくないし、実際にクラッシュするドライバーがいるというのも信じたくない話です。

もしこれが本当ならば、モータースポーツが成り立たなくなってしまうとも思います。
これが真実であって欲しくない!

そもそも、ルノーというメーカーは自動車レースの黎明期から、レースに取り組んできていました。
そして、1903年5月24日には、創設者であるルノー3兄弟の一人、マルセル・ルノーがレース中に死亡するという悲劇も経験しています。
それでも、ルノーはモータースポーツ活動を続け、F1の世界でもターボエンジンを導入するなど先進的な取り組みをすると同時に、若手ドライバーの養成も続けて着てきたことは尊敬に値することだと思っています。

そんな歴史を持つ自動車メーカーのワークスチームが、今回の疑惑のような作戦を実行したとしたら・・・・・・
モータースポーツの根源と、その安全性にかかわる指令が事実であるならば、ルノーというメーカーに対するイメージは最低のものとなるでしょう。

画像右上:フェラーリ GP Book シンガポール 2008 (2008年 F1グランプリ第15戦のシンガポールGPについての詳細な情報が詰まっているポケットブック。フェラーリ社が自らプロデュースし、販売を手掛けるフェラーリ社純正商品です。

にほんブログ村 車ブログ 車 モータースポーツへ  
 

 F1グランプリ 2008年総集編 VOL.3 R.13~R.18
シンガポールGPのレースの模様も収録

Page Top

★注目!★
カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
プロフィール

Author:cabin85
F1を中心にモータースポーツの話題をいろいろ書きます

カウンター

(Since2008.0929)

最近のコメント
最近のトラックバック
QRコード
QR
BLOGランキング
FC2BLOGRanking 
ブログランキング・にほんブログ村へ 
RSSフィード
All for WIN ! 本館
 All for WIN ! 本館へ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

PR
グーバーウォーク
ブログ内検索
リンク

このブログをリンクに追加する

Google検索
いま何時

by ブログの時計屋さん
All for WIN !掲示板
ユーザータグ

F1 日本GP 佐藤琢磨 F1 フェラーリ シンガポールGP セバスチャン・ベッテル ルノー ラリージャパン WRC 鈴鹿サーキット トロ・ロッソ WTCC ブラウンGP ハミルトン 富士スピードウェイ オーストラリアGP 世界ラリー選手権 ブラジルGP ストーブリーグ セバスチャン・ローブ マカオGP WRC IRL 2009 アクシデント ヘレス・テスト 松田次生 Formula 中嶋一貴 フォーミュラ・ニッポン 小倉直人 須藤郡宏 白鵬 "MAKE CARS シューマッハ FIA ユネスコ・スポーツ・チャンピオン F3 カナダGP NIPPON ベッテル 哀川翔 GREEN" ラリー・ジャパン 全日本F3 バン・ダム TOM’S トムス イタリアGP インディカー トミカ 日本の名レース100戦 アロンソ ライコネン 武藤英紀 シンガポール コマツ 対人地雷除去機 イタリアGP 青木孝行 LOLA ローラ 松浦孝亮 インディ・ジャパン 宇宙旅行 スーパー耐久 十勝24時間 失格 マクラーレン デビッド・ライアン 中国GP ヴァージン シューマッハー 小林可夢偉 F1ルノー ザウバー スカルプD ロバート・クビサ メルセデスGP Canon フォーミュラニッポン ルカ・バドエル ヨーロッパGP カシオ トゥルーリ ホンダF1 フランソワ・デュバル 札幌ドーム パトリック・ピバト チャンピオン フェリペ・マッサ ハンコック 世界ツーリングカー選手権 エコドライブ タイヤ 中国GP クラッシュ バリチェロ 国本京佑 マクラーレンMP4/24 トヨタTF109 全日本F3 ロス・ブラウン F60 撤退 バルセロナ テスト モトGP カワサキ ブリヂストン 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。