1. 無料アクセス解析
  1. Top » 
  2. セバスチャン・ベッテル
SaveJapan 私たちにできること
Saveapan300

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Janre:

セバスチャン・ベッテルバージョンの限定ウォッチ、カシオから登場

    1. F1GP
  • 2009 09/26 (Sat)

今シーズンレッドブルF1チームをスポンサードしているカシオは、セバスチャン・ベッテル限定モデル『EQW-M1000SV-1AJR』を10月より発売します。



今回発売される「 EQW-M1000SV-1AJR」は、セバスチャン・ベッテルのシグネチャーモデル。
ベースモデルに二層構造の文字板とディスク形状の 針を採用したダイナミックなフェイスデザインや、世界6局の標準電波受信機能に加え、ストップウオッチ、ワールドタイムなど充実した機能を併せ持った 「EQW-M1000」を採用。

9時側のディスク針や文字板にブルーやイエローを差し色として用い、F1ドライバーのシグネチャーモデルに相応しく、よりスポーティなデザインに仕上がっているとのことです。

裏蓋には直筆のサインと名前のロゴマークを刻印され、オリジナルピンズとカードが付属した特別パッケージが用意されファン心理をつかみそうです。

一般にF1ドライバーモデルは、高価なものが多く、なかなか手を出せませんでしたが、そこはカシオですので、比較的手を出しやすい価格となっているのがうれしいですね

■限定モデル■ カシオ エディフィス ブラック メンズ Sebastian Vettel Limited Edition

スポンサーサイト

F1中国GP印象記

    1. F1GP
  • 2009 04/20 (Mon)

F1中国GPは、レッドブル・ルノーのセバスチャン・ベッテルのポールtoウィンに終わりました。
ベッテル自身は2度目、そしてレッドブルとしては初の優勝という記憶に残るレースは、雨中の印象的なレースとなりました。

特別なドライバーとして認識されるドライバーがいます。
たとえばミハエル・シューマッハーであり、アイルトン・セナであったりと、ただ速いというだけでなく、独特な存在感をファンに感じさせてくれるドライバーです。
今回のベッテルを見ていると、そんなドライバーになっていくのではないかと予感させられます。

雨でセーフティカーに先導されてスタートしたレースは、当然のことながらPP獲得者に視界的な有利を与えます。
しかし、その予選で素晴らしい走りを見せたのはベッテル自身の素晴らしさです。
ドライブシャフトにトラブルの兆候があり、わずか1アタックでの予選走行をチームから命じられながら、しっかりとPPを獲得したベッテルの走りは「特別なドライバー」を感じさせるものでした。
軽めの燃料であったとはいえ、しっかりと結果を出したベッテル、しかも、予選の速さでは定評のあるウェーバーを従えてのPP獲得でした。

雨のレースでは、多くのドライバーたちがコースアウトを繰り返し、コンディションの難しさを感じさせられました。
そんな中で、数多くのバトルが見られ、TVを通して見ていても、ギリギリのマシンコントロールにハラハラさせられました。そんな中でベッテルはしっかりとマシンをコントロールし、セーフティーカーのタイミングに恵まれた面はありましたが、危なげなくチェッカーを受けました。

不安のあったドライブシャフトもしっかりとレース終了までもったというのは、ある面で幸運だったのかもしれませんが、それもまた事実。幸運も実力のうちでしょう。

レース中、ベッテルはトロロッソのブエミと接触するという場面もあったようです。
2007年の富士スピードウェイでの日本GPで、SC中にベッテル自身がウェーバーに追突し、自らの表彰台とウェーバーのレースを台無しにしてしまったことを思い出しました。ベッテルは、レース後に大きなショックを受けていましたが、あの教訓もベッテルに大きな成長ももたらしたのかもしれません。
かって、アイルトン・セナが、モナコで独走中に単独クラッシュを演じ、セナは大きなショックを受けたものの、その後の成長が見られたように・・・

非常に軽い燃料で予選に挑戦し、予選2位に飛び込んでいたアロンソは、SC先導での数周で戦略の変更を余儀なくされてしまいました。
それでも、あのマシンで予選2位を獲得したという事実は、アロンソの力量を表現していると思います。ベストのマシンではなくても、決してあきらめない、そんな意志を感じさせられました。今シーズンのアロンソは苦戦も続くでしょうが、ドライバーの実力をまた感じさせてくれることでしょう。


タグ・ホイヤー アクアレーサー キャリバーS F・アロンソ限定

定価294,000円のところ、
未使用新品ですが、ボックス欠損のため
【30,000円引き】
国内定価から【36%OFF】の特価!
保証書、取扱説明書は付属いたします。

価格 179,048円 (税込 188,000 円) 送料込

 

F1イタリアGP印象記

    1. F1GP
  • 2008 09/16 (Tue)
2008年イタリアGPは、トロ・ロッソのセバスチャン・ベッテルの初優勝という結果に終わった。



初めてのポールポジション獲得からそのまま初優勝という快挙は、なかなか記憶に無い。それがトロ・ロッソというプライベートチームで成し遂げられたという事実が、なおさらその価値を高めている。

それにしても、ベッテルの走りは安定感のある見事なもの。多くのプレッシャーもあったであろうが、安定感のあるラップを刻み、集中力を切らすことなくチェッカーを受けた。


マクラーレンのハミルトンは、多くのオーバーテイクを決めて、瞬く間に上位に進出、レースを盛り上げた。

ワンストップ作戦の燃料を積みながら、積極果敢に追い上げた走りはすばらしいもの。やや強引なシーンは見られたけれど、なかなかできることでは無い。

15周目にグロックをオーバーテイクする際には、ストレートでグロックをコースから半分押し出すシーンも見られた。危ないシーンだったが事なきを得たのは幸いだった。

ただ、前戦のベルギーGPでライコネンにコースから押し出されたとして非難していたドライバーの行為とは思えなかった。

» 続きを読む

Page Top

★注目!★
カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
プロフィール

cabin85

Author:cabin85
F1を中心にモータースポーツの話題をいろいろ書きます

カウンター

(Since2008.0929)

最近のコメント
最近のトラックバック
QRコード
QR
BLOGランキング
FC2BLOGRanking 
ブログランキング・にほんブログ村へ 
RSSフィード
All for WIN ! 本館
 All for WIN ! 本館へ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

PR
グーバーウォーク
ブログ内検索
リンク

このブログをリンクに追加する

Google検索
いま何時

by ブログの時計屋さん
All for WIN !掲示板
ユーザータグ

F1 日本GP 佐藤琢磨 F1 フェラーリ シンガポールGP セバスチャン・ベッテル ルノー ラリージャパン WRC 鈴鹿サーキット トロ・ロッソ WTCC ブラウンGP ハミルトン 富士スピードウェイ オーストラリアGP 世界ラリー選手権 ブラジルGP ストーブリーグ セバスチャン・ローブ マカオGP WRC IRL 2009 アクシデント ヘレス・テスト 松田次生 Formula 中嶋一貴 フォーミュラ・ニッポン 小倉直人 須藤郡宏 白鵬 "MAKE CARS シューマッハ FIA ユネスコ・スポーツ・チャンピオン F3 カナダGP NIPPON ベッテル 哀川翔 GREEN" ラリー・ジャパン 全日本F3 バン・ダム TOM’S トムス イタリアGP インディカー トミカ 日本の名レース100戦 アロンソ ライコネン 武藤英紀 シンガポール コマツ 対人地雷除去機 イタリアGP 青木孝行 LOLA ローラ 松浦孝亮 インディ・ジャパン 宇宙旅行 スーパー耐久 十勝24時間 失格 マクラーレン デビッド・ライアン 中国GP ヴァージン シューマッハー 小林可夢偉 F1ルノー ザウバー スカルプD ロバート・クビサ メルセデスGP Canon フォーミュラニッポン ルカ・バドエル ヨーロッパGP カシオ トゥルーリ ホンダF1 フランソワ・デュバル 札幌ドーム パトリック・ピバト チャンピオン フェリペ・マッサ ハンコック 世界ツーリングカー選手権 エコドライブ タイヤ 中国GP クラッシュ バリチェロ 国本京佑 マクラーレンMP4/24 トヨタTF109 全日本F3 ロス・ブラウン F60 撤退 バルセロナ テスト モトGP カワサキ ブリヂストン 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。